定年を迎え、これから新しい人生を歩み始めるというみなさん。おつかれさまでした。これからの準備は万全だと思いますが、思いもかけないところで日常生活に影響を与える病気があります。今回は番外編として、「一般の方が軽視しがちな重大な病気」についてご説明します。セカンドライフを送るにあたって、ぜひ、これだけはチェックしてください。


実は最も重要!? 歯の健康

おやつ
食後の歯みがきを怠ると全身の健康状態に影響を及ぼすことも
人間の歯は乳歯から永久歯に生え変わると、二度と生えてきませんから、一生大切に使わなければなりません。ところが、これまで忙しすぎて歯医者さんにかかる余裕がなかったという人もかなり多いようです。これから第二の人生を送ろうとしている大切な時期に虫歯や歯周病などがあると、日常生活を楽しむためには支障をきたします。

また、口腔内を清潔に保つことは虫歯だけでなく、肺炎、生じると致命的な心内膜炎の予防にも大きく関わってきます。何も症状がなかったとしても隠れた歯周病が見つかることもありますので、人生の節目を機にぜひ歯科検診を受けてください。


蛋白尿を放置していませんか?

健康診断で行う尿検査、年齢に関わらず蛋白尿の所見がみられることがあります。前日に激しい運動をしたり、あるいは熱が出ていたりすると、慢性的な病気ではなくても一時的に蛋白が陽性になります。ところが、わずかな量であれば医師から

「このまま経過をみてください。」

と説明されたことのある人は多いと思います。実は、これが落とし穴です。数ヶ月後に尿を再検査する人はむしろ少なく、そのまま1年後の定期健康診断で同じことを繰り返すという人も多いのです。わずかな異常を放置して、取り返しのつかない事態を招いてしまう恐れがあります。


次のページでは蛋白尿をきたす病気についてご説明します。