インフルエンザ特有の症状とは?

画像の代替
ちゃんとうがい・手洗いをしていたら、予防できたかも……
日本では例年、11~4月に流行するインフルエンザ。流行性疾患と呼ばれる名の通り、一度流行が始まると、短期間にたくさんの人へと感染が拡大します。

通常の風邪の場合は、鼻水・くしゃみ・咳などの症状が中心。熱が出てもさほど高くなく、重症になることは、あまりありません。ところが、インフルエンザの場合は風邪の症状に加え、38度以上の高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が、突如として現れます。小さな子どもの場合は、急性脳症になったり、高齢者の場合は、肺炎を併発したりするケースもあり。インフルエンザ特有の症状が現れたら、警戒する必要がありそう……。

予防のポイントは?

では、インフルエンザの効果的な予防法とは?
■うがい・手洗い…… 基本中の基本! 外出から帰ったら、あちこち動き回る前に、洗面所へ直行することをお勧めします
■適度な湿度を保つ…… 空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなるので、加湿器などで室内の湿度を50~60%に保つ
■マスク着用…… 健康な人が不織布製マスク(一般の家庭用マスク)を使った場合、マスクのフィルターが、空気中のウイルスをある程度捕捉してくれます。特に、高齢者や慢性の病気にかかっている人が、繁華街など人が集まる場所に出かける時は、お忘れなく!
■バランスのとれた食事と十分な休養…… 体の抵抗力が落ちるのを防いでくれます
■流行する前にワクチン接種…… インフルエンザにかかった場合、重症化を防ぐのに有効

一方、世界中に「懸念」という名のウイルスをばら撒いているのが、新型インフルエンザです。そこで、インフルエンザと新型インフルエンザはどう違う?