(2003.04.18)

1ページ目 【何千年も続くシリアの歴史】
2ページ目 【フセイン政権と共通点? シラクのアサド政権】
3ページ目 【ちょっとずつ進みはじめている民主的改革】

【何千年も続くシリアの歴史】
シリアの名前は紀元前20世紀にさかのぼる?


こちらも要チェック! 政治についての基本知識と基本用語

イラクの次はシリア、というムードただよう状況になってきました。シリアっていったいどのような国なのでしょう。

イラクもそうですが、シリアはさらに歴史の深い国です。もともと紀元前20世紀におこったアッシリア帝国に「シリア」の由来がある、といわれているくらいですから。

そのアッシリア帝国が紀元前7世紀にエジプトからイラン西部まで統一、これが紀元前612年に崩壊していろんな国にわかれるのですが、このなかの新バビロニア王国の征服地域にすでに「シリア」という地名があり、首都である「ダマスクス」もできていました。

それぐらい古い歴史をもつ国なのですが、その後ローマ帝国→イスラム帝国→オスマン‐トルコ→フランスと支配の歴史がくりかえされ、独立したのは1946年です。

独立してから、政情不安がつづき、バース党の政権ができてからも派閥抗争などが頻発します。また1958年から1961年まではエジプト・イエメンとアラブ連合共和国を結成するなどしていました。

そんなシリアの安定は1970年、アサド将軍がクーデターにより政権を獲得、翌年大統領になってもたらされます。非常に厳格な独裁体制をしく一方、富裕地主から小作地をとりあげて農民たちに再分配するなど、巧みに国政を掌握していきました。

そんなシリアですが、1967年の第3次中東戦争によって、イスラエル国境付近のゴラン高原が占領されています。1973年の第4次中東戦争で一時奪回したものの、その後最占領され、今日に至っています。今ではPKOが入り、両軍の兵力を引離しています(日本も参加しています)。

また、隣国レバノンの内戦に1970年代から介入します。このとき外国人が人質になったり、パレスチナ人によるテロ活動には、シリアの支援があったといわれています。今でも3万人強のシリア軍がレバノンに駐留し続けています。