画像の代替テキスト
暑さがピークを迎えるこの時期、気をつけたいのが熱中症。一旦かかると体温が上がり、最悪の場合死に至ることも!
写真提供:フリー画像素材EyesPic
世界各地で異常気象が頻発するなど、地球温暖化が心配される昨今。東京では近い将来、「熱帯夜」が激増する!という衝撃の予測も出ています。そこで、温暖化の実態とは? 私たちの生活への影響はどうなる?

【CONTENTS】
■1ページ…… ヨーロッパは異常気象! 一方、日本には「天の恵み」?
■2ページ…… 「地球温暖化」とは? 「ヒートアイランド現象」との関わりは?
■3ページ…… 「熱帯夜」の激増で、待ったなしの「エコ宣言」!

ヨーロッパを襲う異常気象、あの「悪夢」が再来?

今夏のヨーロッパには、異常気象の嵐が吹き荒れ、深刻な被害が続発! イギリス南部では、7月20日から降り続いた豪雨で60年ぶりの大洪水が発生し、約35万人が水の供給を受けられない事態に陥りました。一方、ルーマニアでは、気温が44度と過去最高を記録する中1.9万人が病院へ搬送され、ギリシアなどでも、冷房の使い過ぎが原因とみられる停電が広がっています。こうした異常高温で思い出すのが、2003年ヨーロッパを襲った「熱波」。フランスでは当時、1万人を超える死者が発生しましたが、あの悪夢がまた蘇る?

国立環境研究所によれば、こうした異常気象の原因が地球温暖化によるものかどうかはわかっていませんが、温暖化の進行で異常気象は増えると予想されます。

原発停止に「天の恵み」? 日本は「平年並みの暑さ」へ修正

一方、日本国内では、当初「今年は暑い夏になる」と予測していた気象庁が、7月下旬になって「平年並み」に修正(8~10月の3カ月予報)。気温が上がると当然エアコンの冷房使用が増え、電力需要はピークに達しますが、今年は、同月16日に起きた新潟県中越沖地震による被災で、東京電力・柏崎刈羽原発が運転停止! 夏のピーク時の電力需要がまかなえるのか不安が広がっていた折、まさに「天の恵み」の朗報と言えそうです。

ところで、進みゆく温暖化に対し、地球市民たちはどのぐらい危機意識を感じている? Yahoo!ニュースのクリックリサーチでは7月、意識調査「地球温暖化に危機感を感じる?」を実施。気になる結果は……3ページで発表します!

さて、本題です。「地球温暖化」とはそもそもどんな現象を指す? 都会で見られる「ヒートアイランド現象」との関わりは? 次のページで、じっくり解説します! → 次のページへ