(2003.04.11)

1ページ目 【イギリスとフランスが机の上で書いた国境線】
2ページ目 【意外と多民族他宗教な国家、イラク】
3ページ目 【最も難関、クルド人問題の解決】

【イギリスとフランスが机の上で書いた国境線】


こちらも要チェック! 政治についての基本知識と基本用語

「バグダッド解放」。昨日までサダム、サダムと叫んでいた人々が一転してフセインの銅像を引き倒す。印象的な光景でした。

フセイン政権の崩壊と圧倒的なアメリカの勝利。これでイラクは平和を取り戻すことができるのでしょうか。

そうおもってあらためてイラクの地図を見てみると・・・このあたりって、やたらと直線の国境が多いですよね。

1914年~18年の第一次世界大戦まで、このあたりはかつての世界帝国、オスマン‐トルコの支配地域でした。トルコは敗戦した同盟国についていたので、終戦後、トルコの支配地域の分割が、英仏ら連合国列強によって行われたのでした。

そこで、イギリスとフランスの利益がもっぱら優先されて、その綱引きの結果、このようにやたら直線の多い、まるで定規でひいたような国境ができたのですね。



実際、このあたりは地元の豪族たちがトルコの許可を得てそれぞれの地域を支配していました。それをむりやりイギリスとフランスが分割し、「委任統治」することになったのですね。

その結果、イラクは宗教や民族がいろいろ複雑にからみ合う国家になってしまったのでした。