12月に入って日本でノロウイルスによる感染が大流行しています。しかしこの感染は日本だけに留まらず、アメリカでも広がっているのです。アメリカでのノロウイルスの猛威をレポートしてみます。

【CONTENTS】
介護施設でノロウイルス発生!隔離で対応するカリフォルニア(1P目)
航海中にもノロウイルス発生!悪夢のクルーズ(2P目)
ノロウイルスの起源は?そして語源は?(2P目)


ノロウイルスで訴えられたレストラン「オリーブガーデン」

アメリカの議事堂
写真はアメリカの議事堂。アメリカでもノロウイルスが蔓延している。
アメリカのインディアナ州で今月、イタリアンレストランチェーンの「オリーブガーデン」で食事をした約370人の人々が、ノロウイルスに感染しました。その中で入院した人は3名でした。

このレストランは一旦店舗を閉鎖し、衛生面を再点検してから再びオープンしました。しかし感染した人の中には、オリーブガーデンの責任を問うために、この会社に対して訴訟を起こした人もいます。

訴訟に対して、オリーブガーデン側は12月26日現在ではっきりとしたコメントを出していません。自分達に非はないと思っているなら訴訟を受けて立つでしょうし、また自分達の過失を認めるなら和解をするでしょう。現在のところ、同社はまだそれを検討しているところと思われます。

介護施設でノロウイルス発生!隔離で対応するカリフォルニア

一方西海岸のカリフォルニアでも、12月になってノロウイルスが猛威をふるっています。カリフォルニアではベルモントという町にある介護施設で、何十人もの人々がノロウイルスに感染しました。

事態を重く見た地元の医療当局は、その介護施設を隔離することで対処する決定を下しました。隔離というとかなり非人道的なニュアンスもありますが、施設の入居者に外出を禁止し、また一般の住人も施設の関係者と接触を禁止するという措置です。

その施設には感染が確認されている数十人と他の入居者を合わせると、数百名の人が生活をしていました。その人たちが全員外界との接触を禁じられたのです。ベルモント市内でノロウイルス流行のために隔離された施設は、この1ヶ所だけではなく複数あると報道されています。

→そしてなんと、クルーズ中に海上でノロウイルスが発生したケースもあります!