★ポイント★
1.自己資本比率=自己資本/総資産
2.自己資本比率が高ければ安全、低ければ安全性は低いという目安になる。
3.そこで、国際ルールにより、自己資本比率8%以上の銀行しか国際業務を行うことはできず、国内ルールにより、国内業務も4%の自己資本比率がないとできない。



自己資本比率って?

銀行の経営問題で頻繁に出てくる言葉が「自己資本比率」と「貸倒れ引当金」。今回は、「自己資本比率」についてお話しましょう。「貸倒れ引当金」の説明は、次回をご期待下さい。

まず、銀行業に限らず、事業を行うためにはお金が必要です。このお金をどこから調達したかによって「自己資本」と「他人資本」に分かれます。自己資本とは、文字通り、自分のお金で、返済する必要のないお金です。具体的には、株式発行時に株主から得たお金や過去の利益の蓄積などです。

これに対し、他人資本とは他人から借りたお金で返済義務のあるものです。具体的には、預金者からの預金です。当然のことですが、預金は預金者がおろしたいといったときには、返済しなくてはなりません。

このように、調達した資金には、返済義務のない自己資本と、他人に返済する義務のある他人資本があるのです。もちろん、銀行はお金を貸して金利を得ることにより儲けていますので、調達したお金(=自己資本+他人資本)を貸し出します。そして、この貸し出したお金を貸付金あるいは貸出金といいます。貸付金があれば毎年利子が入り、期限がくれば現金を返してもらえるので、銀行の資産と考えることができます。つまり銀行は調達したお金(=自己資本+他人資本)を貸付金という資産で運用していると考えることができます。

そして、「自己資本比率」とは、自己資本を総資産で割ったものをいうのです。つまり、
己資本比率=自己資本/総資産

なお、「総資産」とは銀行の保有する全資産なのですが、具体的には調達した資金(=自己資本と他人資本)を貸出したお金、つまり、貸付金のことです。