明るく開放感あふれる多面採光のプラン

“暮らしやすさ”の訳は立地だけではない。
次の間取図を見てみるとそのことがよく表れている。

ワイドスパン・3面開口の角部屋2LDK(B-2タイプ)
ワイドスパン・3面開口の角部屋2LDK(B-2タイプ)

キッチンにも開口部を設けた2LDKプラン(平成21年7月撮影 家具・調度品等は価格に含まれません)
キッチンにも開口部を設けた2LDKプラン(平成21年7月撮影 家具・調度品等は価格に含まれません)


65.75m2の2LDKプランだが、まず目につくのは開口部の数との広さである。3方向に開口部が設けられ、しかもキッチンからも室外機置場に出ることができる。そして最も長いところでは9mを超えるワイドスパンになっている。ちなみにここでは間取図は示さないが、この2LDKと同様に3LDKタイプでは11m以上、1LDKタイプで8m以上のワイドスパンが設定されている。

また廊下部分が短く居室の有効性が高いため、リビング・ダイニングは15畳を超える広さを持ち、随所に豊富な収納スペースが確保されている。

そしてさらに明るさと開放感をより高めるポイントとして天井高がある。リビングダイニングの天井高は2.6mもあり、通常よりもかなり高い設定になっているのに加えて、それぞれの洋室も同じく2.6m確保しているのである。

次の2点の写真は、実際の建物の中に設けられた3LDKタイプのモデルルームで日中と夜間に撮影したものだが、相当な開放感が感じられると思う。

平成21年7月撮影(家具・調度品等は価格に含まれません)
平成21年7月撮影(家具・調度品等は価格に含まれません)
平成21年7月撮影(家具・調度品等は価格に含まれません)
平成21年7月撮影(家具・調度品等は価格に含まれません)


先進性と安全性を備えた住まい

最後に付け加えておきたいのは高い品質を備えていることである。専有部の設備仕様に関して、快適な暮らしをおくるためのものは大抵揃っている。

床暖房や浄水器、最大100Mbpsの大容量インターネットシステムなどはもちろんのこと、トイレにはタンクレスタイプかつ鏡付きの手洗いカウンターを設置。そしてキッチンや洗面室などにある収納扉などのソフトクローズ機能など、女性を意識した細やかな配慮がうかがえる。

さらに特筆すべきはセキュリティと管理体制についてである。

駐車場入り口のチェーンゲートや随所に設置された監視カメラ、もちろん警備会社と提携した24時間のセキュリティシステム。またホテルのような内廊下タイプのフロアプランニングによって住戸への出入りを外から見られることがないなど、防犯やプライバシーへの配慮も十二分に考えられている。

そして建物内での様々なトラブルに対応するために、365日24時間体制のコールセンターが管理会社に設けられている。そこへコールしてトラブルの様子を伝えるだけで、的確に専門スタッフを対応させる体制がとられているのは心強い限りである。

一般的な管理業務だけでなく、こんなところにもこれまで多くのマンション供給と管理の実績ノウハウを持つ三菱地所グループのクオリティの高さが感じられる。

エントランス(平成21年7月撮影)
エントランス(平成21年7月撮影)


提供:三菱地所株式会社、新日石不動産株式会社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。