忙しい毎日。やるべき事が多くて、お疲れではありませんか? 朝すっきりと起きられますか? 疲れを回復させるには、質の良い眠りを確保することが大切。実は寝室のインテリアを少し変えるだけで、ぐっすり眠れるようになるんです! そんな寝室づくりのコツを、新宿のリビングデザインセンターOZONEで聞いてきました。

プロに聞く、寝室づくりのコツ

HOTELの心地よさをお手本にしたベッドルーム
薄いグリーンでまとめられたベッドルームには、安らぎのインテリアを作り出すコツがいっぱい
以前にも紹介した、OZONE情報バンクにあるインテリアコーディネートラボ。インテリアのプロも足繁く通っているこのラボにはインテリアコーディネーターが常駐していて、初心者から上級者まで、幅広い情報を教えてもらえる、とっても使えるショールーム。

2007年1月16日までは「HOTELの心地よさをお手本に!!~プライベートリビング=Bedroomという考え方~」というイベントを開催しています。今回は、インテリアコーディネートラボのマネージャーで、インテリアコーディネーターでもある堀内優子さんにお話を伺うことができました。

快適・快眠をつくるキーワードは「ホテルライク」

ホテルのベッドルームは、清潔感があって機能的
お気に入りのホテルのインテリア、真似したいなって思うことありますよね
このページをご覧のみなさんなら、インテリアの素敵なホテルに泊まるのが趣味という方もいらっしゃるかもしれません。ちょっといい宿に泊まって上等なサービスを受けて、いつもとちがう空気を楽しむ贅沢なひととき。

ホテルの部屋は、ぐっすり眠って疲れを取るための癒し空間でもあります。寝室にホテルの心地よさを取り入れることで、質のいい贅沢な眠りを手に入れましょう、というOZONEの提案、素敵じゃないですか!


ベッドルームに設けられた、夫婦のためだけのコーナー
ベッドルームに設けられた、夫婦のためだけのコーナー
ガイド:
今回ディスプレイされたインテリア、見るべきポイントは?

堀内さん:
寝室に求められることは、まず快適な眠り、それから癒しです。それにプラスして、今回は快適性やコミュニケーションのシーンを提案しているんです。インテリアプランニングの点で言えば、夫婦で語らうことができるコーナーを作って、寝室の活用度を高めることを狙っています。
 
ガイド:
ずいぶん広い部屋に思えますが…

堀内さん:
ベッドルームの広さは12畳程度ですが、ベッドを置いてあるスペースだけなら6畳程度しかありません。ここまで広くはできないという場合でも、部分的に取り入れられるアイデアがいくつもあります。


間接照明を効果的に使うのがポイント
間接照明を効果的に使うのがポイント
ガイド:
たとえばどんなものでしょうか?

堀内さん:
ホテルの照明って、間接照明が多いでしょう。壁面を照らして柔らかい光にすることで、リラックス効果が得られるんです。間接照明をベッドのヘッドボードに仕込んだりすると、かなり空間が違って見えます。工事が出来ないという場合は、ライトコントロールのテクニックだけを手持ちの照明器具で工夫すればいいですね。


と、ちょっと聞いただけでも、いろんなお話が出てきます。さすがインテリアのプロは違う…このほかにも、いくつもの提案がされています。ホテルのような寝室を作りたい、と考えていらっしゃる方、是非OZONEに相談してみてくださいね。

次のページでは、堀内さんに教えていただいた中でもとっておきの、快眠ベッドルームのインテリアTipsを紹介します。