イタリアモダン家具<B&B Italia>は2002年の春、大人の街・広尾に<カーサミア東京 ショップ ビー・アンド・ビー・イタリア> として新オープンされました。<ショップ アルフレックス>に隣接された新しいショールームを「ダニエル・オストの花の芸術」と共にご覧ください。

恵比寿駅から広尾に向かって5分、大きな歩道橋を渡り緩やかな坂をあがると恵比寿プライムスクエアのビルが見えてきます。広場の正面奥、B&B ITALIAのドアを開けるとそこには洗練された最先端のインテリア空間、<ショップ ビー・アンド・ビー・イタリア>のショールームが展開されています。


白で統一された約140坪のショールームには、イタリアから発信された、モダン・ファニチャーの最高峰のコレクションが並びます。ベース脚のスティールが美しいテーブルATHOS(アトス)と椅子VOL AU VENT(ヴォルオヴァン)。


写真はダニエル・オストの植物アートで演出されたベットルームです。
 ビー・アンド・ビー・イタリアは1966年の創立、工業化製品の前進ともいえるソファ「Coronado」(1966)を初めとして、1969年にユニークな形状をしたポリウレタンに布をかぶせたGaetano Pesce(ガエターノ・ベッシェ)の「アップシリーズ」やMario bellini(マリオ・ベリーニ)の「レ・バンボレ」(1972)などの名作を次々と誕生させています。


驚くことにビー・アンド・ビー・イタリア社では、売り上げの約3%を技術開発に投入し、デザイナーと開発者とが技術革新を進められる環境を整えているということです。ソファーに使われている独特のスティールフレーム、低温発泡モールドウレタンの研究開発、ファイバーグラスの量産化などB&Bの優れたデザインは世界に誇る圧倒的な技術力から生まれています。





B&B Italiaのモダンに対極するシリーズとして、クラシック家具を創出するブランド「Maxalto(マクサルト)」を展開しています。伝統的な木工技術と現代の技術を高次元で融合させた新しいスタイル、最高級の洗練されたエレガンスを感じます。クラシック・モダンスタイルのマクサルトは時代の注目を集める予感がします。


<カーサミア東京 ショップ ビー・アンド・ビー・イタリア>には、優れた技術に裏付けされた、完璧なデザインの高級家具たちがコレクションされています。名作といわれる家具たちは世紀を超えてもドキッとするほど新鮮に輝きます。



いつでも最新のスタイルを求め、ユーザーの嗜好やライフスタイルの変化に適応したモダンスタイルを発信し続けるショールームに足を運んでみてはいかがですか!

関連記事
「花の建築家DANIEL OSTの造形空間」はここです!


B&Bのホームページhttp://www.bebitalia.co.jp


ダニエル・オストのホームページhttp://www.danielost.jp/


※全ての内容について、一切の転載・改変を禁止。
(C)July.2002 Photo by kanno

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。