癒しの森・八甲田連峰

ガイドブックなどではよくメインページに登場する「十和田八幡平国立公園」の八甲田山・奥入瀬渓流・十和田湖エリア。青森市から十和田湖方面へと続く国道は、「八甲田・十和田ゴールドライン」と呼ばれる絶好のドライブコースになっています。ここでは、このコースに沿ってエリア内のスポットをご紹介します。

■八甲田山
「八甲田・十和田ゴールドライン」は八甲田連峰のすそ野を走り、青森市街から十和田湖へと続きます。八甲田山は標高1585mの八甲田大岳を最高峰とする山群。広大なブナ林に囲まれ野鳥の声に耳を傾ければ、大自然に心が癒されていくのを実感できることでしょう。ルート上には数々の温泉や絶景スポットが点在していますが、なかでも立ち寄っておきたいのは「酸ヶ湯温泉」です。

酸ヶ湯温泉
八甲田の紅葉風景。シーズン中は、県内外から多くの観光客が訪れます

八甲田の紅葉風景。シーズン中は、県内外から多くの観光客が訪れます


青森市街から車で約45分、標高900mの高所にある温泉。総ヒバ造りの大浴場「千人風呂」で有名です。古くから湯治湯として親しまれていて、浴効を楽しむ人々で賑わっています。

館内のお食事処で味わうことのできる青森名物の「生姜味噌だれおでん」もおすすめ。また、付近には自然観察路があるので散策してみましょう。着衣のままで温泉気分を楽しめる「まんじゅうふかし」などのお楽しみどころもあります。

地元では紅葉スポットとしても有名。寒暖の差が激しい東北の紅葉は美しく、最高の風景を楽しむことができます。

■奥入瀬渓流
新緑がまぶしい頃の「奥入瀬渓流」。あまりの美しさに涙を流してしまう人も

新緑がまぶしい頃の「奥入瀬渓流」。あまりの美しさに涙を流してしまう人も


八甲田連峰を過ぎ、若いブナ林で囲まれた道を十和田湖方面へ進んでいくと、有名観光地である奥入瀬エリアに入っていきます。奥入瀬渓流の流れは約14キロ。いくつもの流れや大小の滝、切り立った崖などポイントごとに呼び名がつけられていて、それらの景観を楽しみながら散策します。

奥入瀬

奥入瀬渓流「雲井の滝」。このような看板がポイントの目印です

川沿いの国道は絶好のドライブコースですが、遊歩道も整備されているので、休憩所や観光スポットを中心に下車するなどして歩いてみてはいかがでしょうか。その際、売店やトイレが完備されている「奥入瀬渓流館」や「石ヶ戸休憩所」を基点にするのがポイントです。レンタサイクルやバスを利用するなどして、「雲井の滝」や「九段の滝」などの見どころをまわっていくとよいでしょう。

奥入瀬渓流の魅力は、川の流れや点在する滝にあります。水しぶきの音を間近で聞きながらその景観を堪能することが、奥入瀬渓流観光の醍醐味です。

■十和田湖
紺碧のカルデラ湖「十和田湖」。十和田八幡平国立公園のシンボル的存在

紺碧のカルデラ湖「十和田湖」。十和田八幡平国立公園のシンボル的存在です


奥入瀬渓流を抜けると見えてくるのが「十和田湖」。高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」や、「十和田神社」のある「休屋」エリアにはお店やホテルが立ち並びます。

遊覧船や徒歩での湖畔散策で、十和田湖の美しい景観や豊かな自然を気軽に楽しめますが、より深く自然を堪能したいのなら自然体験ツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

キャンプ場もあるこの付近はアウトドアが盛んなエリア。トレッキングやアドベンチャーツア、乗馬による湖畔散歩など多彩なアウトドアスポーツが楽しめます。

 

グリーンハウス 自然体験ツアー
水鳥の目線で十和田湖の景色を感じる「カヌーツアー」

水鳥の目線で十和田湖の景色を感じる、グリーンハウスの「カヌーツアー」


十和田湖の魅力を自然体験を通して伝えるとともに「アウトドア スローライフ」を提案しているグリーンハウス。カヌーツアー、ネイチャーランブリング(森歩き)などのプログラムがあります。自然体験ツアーを通じて、ゆったり流れる森の時間を感じることができます。

 


八甲田山・奥入瀬渓流・十和田湖エリアへは、青森市、八戸市、十和田市など各市町村から観光バスや定期バスが出ています。
また、このエリアのガイド記事八甲田・奥入瀬・十和田湖もご覧になってみて下さい。