◆秋田の県民性ランキング

・人口あたりの理容・美容所数/1位(全国平均の約2倍、2位の山形県をダントツで引き離している)
・日本酒の一人当たりの消費量/1位(秋田では蛇口から酒が出るというジョークがある)
・住宅の一戸建て率/1位(住宅全体の82%を占めるらしい)
・貯蓄現在高/全国で45位(宵越しの金は持たない←江戸っ子風です)

*参考データ/NHK放送文化研究所、厚生労働省大臣官房統計情報部、国土交通省、農林水産省、総務省 他


秋田移住のための口コミ情報

日本一の深さを誇る田沢湖
・県民性改造プロジェクトが進行中らしい

「秋田県人変身プロジェクト」が発足したのは2007年4月。秋田県庁が事務局になり、県民及び行政マンで進められている。

プロジェクト発足の狙いは「少子化、県民所得などの右肩下がりが止まらないため、県民の意識の変革、改善、向上を図らねばならないということになりました。秋田県民の特徴とされる無口、売り込み下手、安定志向を続けていたのでは、これからますます大変な状況になってしまうという危機感の現れです」と説明している。

現在、県民性の長・短所を洗い出しと、県民から「どんな県民性を目指せばいいか」という情報収集を実施中。担当課によれば「報告書としてまとめるだけでなく、4コマ漫画を使ったりプロジェクトメンバーによる演劇で報告しよう」という、案も出ているとか。

一方で、秋田県人は「奥ゆかしく、オシャレで、協調性がある」という長所も多いわけで、「県民気質を変えたからといって、どうなるものでもない」といった意見がこのプロジェクトに寄せられているらしい。

・秋田に美人が多いという説はいろいろあるらしい

体格・身だしなみ説:「秋田美人」はつとに有名だが、本当に秋田には美人が多いのか?当然、都道府県のデータに「美人」というエントリーはない。しかし、秋田県の17歳男女の脚の長さは日本一である。顔+スタイルを美人の基準とするなら、「秋田美人」というのは当たっているもしれない。それに、秋田は人口あたりの美容・理容室の数が日本一。女性の身だしなみという点でも秋田美人といわれる所以なのかもしれない。

男鹿の伝統的民俗行事なまはげ
日照時間説:県外から来る人のほとんどが感じるのが、秋田の女性の肌の色の白さ。これは年間の日照時間が日本一少ないからということも影響しているようだ。

都道府県別の日照時間の多さ日本一は山梨県で、2248時間。一方、秋田県は1453時間。紫外線量が少ないことは、色白できめ細かい肌を保つ要因の一つといえるのだろう。

DNA説:色白の肌をしている女性が多いのは、秋田県人のDNAとロシアや欧州でのDNAタイプが似ているから。その昔ロシア人やヨーロッパから渡ってきた人が秋田に住み着いたという説がある。まぁ、俗説ではあるが。

◆岩手が解るブックマーク集
・オフィシャルサイト>>美の国あきたネット
・秋田県の観光情報>>秋田県観光ガイド/秋田の車窓から
・田舎暮らし関連情報>>秋田県定住支援総合情報

*掲載写真は全てイメージです。
*写真提供:秋田の車窓から
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。