【窓掛け計画のイロハ】シリーズの2回目です。今回は、カーテンの素材について考えてみましょう。

洋服もカーテンも素材が要

綿ベルベットのカーテン
このゴージャスなカーテンの素材は、なんとコットン!生地:サンゲツCK2001
カーテンの生地を選ぶ時には、つい、色や柄だけに目がいくことが多くありませんか。でも、インテリアのプロは素材にも注意しています。洋服を選ぶ時にどんな素材が使われているかチェックしますよね。カーテンも同じこと。素材によっては、カーテンが縮む、シワが目立つといったこともあるのです。後で後悔しないためにもしっかり素材をチェックしていきましょう。

まずは、カーテンに良く使われる素材をご紹介します。カーテンで使われる素材には、動物や植物から作られる天然繊維と薬品などから作られる化学繊維があります。価格や機能性の点から、化学繊維が使われることが増えています。

ふんわりウールチックなアクリル

化学繊維のアクリルは、ドレープ(厚地のカーテン)に良く使われている素材の1つです。
  • メリット・・・ふんわり柔らかな風合い。保温性が高い。色が鮮明で落ち難い。縮みにくい。
  • デメリット・・・毛羽立ちしやすい。
アクリルはウールに近い素材感があり、衣類のセーターにも良く使われていますね。難点は、毛羽立ちがあること。物と擦れると、毛玉ができることがあります。特に、体が触れやすい場所に使う場合(例えば、クッションカバーやソファカバーなど)には注意してください。

洗濯安心のポリエステル

ブラウスやシャツでお馴染みのポリエステルは、ドレープにもレースにもよく使われる化学繊維です。
  • メリット・・・シワになりにくく、型崩れや伸び縮みしない。
  • デメリット・・・帯電による埃がつきやすい。毛羽立ちがしやすい。
ポリエステルは型崩れしないため、ウォッシャブル機能を持つカーテンのほとんどはポリエステルを使っています。。ポリエステルの欠点は、帯電性が高く埃が付着しやすいこと。これが、ポリエステルのレースが黒ずんでしまう原因です。帯電防止加工を施している商品も多いのですが、十分ではないため、こまめに洗濯をしましょう。

最近では、ポリエステルの糸を様々に加工して、麻やコットンのような風合いのカーテン生地も登場しています。

ポリエステル
ポリエステルの糸に工夫をこらしてコットンのようなラフな印象のドレープに。生地:サンゲツCK5411


レーヨンは伸び~る

スカートや上着の裏地としてよく使われているレーヨンですが、カーテンにも使われる頻度が高い化学繊維です。
  • メリット・・・染色性がよく美しい色が得られる。ドレープが美しくでる。
  • デメリット・・・シワになりやすい。伸縮性が大きい。繊維として強くない。
レーヨンはドレープ性や発色が素晴らしく、また他の繊維となじみやすい性質もあり、様々な素材と組み合わせて使われます。しかし、伸縮性が大きく型崩れしやすいのがデメリット。カーテンを掛けていると次第に伸びてくることもあるのです。
ポリエステル
柔らかなドレープがでるレーヨンは、エレガントなデザインのカーテン生地によく使われています。伸び縮みが大きいのが難点。生地:サンゲツ CK2018


コットンはシワと縮みに注意!

Tシャツやブラウスでおなじみの天然素材コットンです。
  • メリット・・・丈夫である。安価。
  • デメリット・・・しわになりやすく、収縮しやすい。黄ばみやすい。
コットンは、安価な上、天然素材の質感が好まれてカーテン生地として使われることも多いのですが、洗濯によって縮むことがあるので注意が必要です。また、シワがつきやすいのも欠点です。開けっ放しだったローマンシェードをしばらくぶりに下げるとシワシワに!ということもありますよ。
ポリエステル
プリント地にも良く使われるコットン素材。ラフな風合いがナチュラルな空間にぴったり。生地:サンゲツCK2471


ご紹介した素材の他には、さらっとした質感の麻や、光沢感の美しい絹などを用いることもあります。これらの素材を様々な糸に紡績して、生地に織り上げていきます。

次のページでは、素材と密接な関係のあるカーテンの伸び縮みについてお伝えします。