パイル表情でイメージも変わる

カーペットは織り方や素材、色などデザインが変わりますが、パイルの形状でもいろいろな表情(=テクスチャー)が生まれます。 カーペットのテクスチャーは大きく分けて二つ。【カットタイプ】と【ループタイプ】があります。

【カットタイプ】パイル糸の先端を平滑にカットしたタイプのカーペットです。ループタイプに比べると軟らかな歩行感が得られます。反対に耐久性はやや劣りますから、歩行量の少ない場所などにお薦めです。。
画像の代替テキスト
カットタイプは、パイルの先をカットしたものになります。パイル形状や打ち込み密度によって優しげな印象になったりラフな感じになります。(画像:サンゲツ サンエレガンス)

カットタイプはパイルの長さや形状で幾つかの種類に分類されます。
    カーペット
    上質なウールと、シャリ感が爽やかなペ-パ-糸が織りなすコントラストが美しいシャギータイプのラグ。(画像:川島織物セルコン confetti)
  • プラッシュ  最も一般的なテクスチャーで、パイルの長さは5mm~10mmまでいろいろあります。歩行感も軟らかです。
  • ベロア  パイルを密に打ち込みベルベット調に仕上げたカーペット。 繊細でエレガントな印象になりますが、足跡などがつきやすいのが難点。
  • サキソニー パイル長が15mm前後のものまであり、糸の撚りが戻らないように加工したカットタイプのカーペット。弾力性がありボリューム感が出ます。
  • ハードツイスト サキソニーよりもパイル1本1本に強い撚りがかけられたパイルを使います。ラフなテクスチャーで汚れもあまり目立ちません。
  • シャギー  パイルの長さは3cm前後が中心で中には10cmのものもあります。豪華な印象になり、ラグなど部分敷きのカーペットに用いられます。豊かな風合いをもち肌触りのよさも抜群です。
【ループタイプ】パイル糸の先端がループ状になっているカーペットです。ループタイプはカットタイプに比べてへたりにくく、耐久性に優れてますから、歩行量の多い廊下などにお薦めです。
カーペット
ループタイプはパイルの先が輪になっています。カットタイプの足ざわりと比べるとしっかりとした感触が得られます。(画像:サンゲツ サンリード)

ループタイプはループの高さによって次のように分類されます。
  • レベルループ 同じような高さのループを打ち込んだもの。
  • ハイ&ローループ  ループに高低をつけて立体的な表情をつけたカーペット。高低のつけ方や糸の太さなどを変える事でデザインに変化をつけることができる。

テクスチャーの基本はループとカットになりますが、両者を組み合わせることもあります。このカットとループを組み合わせて柄を作り出したカーペットは【カット&ループタイプ】と呼んでいます。同じ色の糸でもカットしたものとループのものでは色の見え方は違ってきますのでカーペットの表情も更に豊かになってきます。

カーペットには様々なメリットがありデザインも豊富。でも気になるのはお掃除。お手入れについては次ページで。