皆さんはカーペットと聞いて何を想像するでしょうか?
良いイメージでいくと「あたたかい」「やわらかい」「おしゃれ」なんていうイメージでしょうか?

では悪いイメージはどうでしょうか?「ダニが……」「アレルギーが……」「掃除が……」「子供が……」こんな感じではないでしょうか?

この、「ダニが……」「アレルギーが……」というイメージは、カーペット業界に大きなダメージを与えました。その影響も会って、20年前、新築住宅の床面積のうち20%程度はカーペットだったのですが、現在はわずか0.2%になってしまいました。

今回は「ホコリ」と「カーペット」についてのお話。

フローリングはホコリっぽい?!

ほとんどの方は、フローリングなど堅い床材の部屋で生活していると思います。(洋室の床材の99.4%は木質系の床材/2006年厚生労働省のデータに基づく)

ちょっと想像してみてください。

いつもドアの後ろを除くとホコリっぽいなあ……
掃除したばっかりなのに黒の本棚の上にホコリがたまってるなあ……
ピアノの上はホコリが目立って嫌だなあ……
ベッドの下なんてのぞくのが怖い……
ちょうどこんな感じの経験が一度はあるのではないでしょうか?

ホコリが・・

お部屋の端っこはホコリが……



それはなぜでしょうか?

フローリングをはじめとする堅い床材は、ホコリを舞い上げやすい素材です。一度舞い上がったホコリは、9時間かけてゆっくりと床に降り注いできます。つまり、皆さんが目にするホコリは、勝手に生まれてきたわけではなく、空気中に浮遊しているホコリが静かな場所に降りてきたものです。

舞い上がったホコリが一番たまりやすいところが、床上30cmの空間です。床上30cmの空間では、赤ちゃんがはいはいしたり、かわいいわんちゃんねこちゃんが普段生活しています。想像するだけでぞっとしませんか?

床上30cmのホコリの話は結構有名で、最近では掃除機のヘッドの上の部分にそのホコリを吸い込むようなものが販売されていたり、空気清浄機の宣伝も床上30cmのホコリの話を取り上げています。

次のページでは、具体的なデータに基づいて、「カーペット」と「ホコリ」の関係みていきたいと思います。