年々、気温が高くなり過ごしにくくなってきた日本の夏。暑いとどうしてもエアコンに頼りがちですが、地球環境や健康のことを考えるとなるべくエアコンの出番を少なくしたいもの。夏向きにインテリアを整え、エアコンは必要最小限に抑えて、涼しく過ごしましょう。

部屋の模様替えもあまり大がかりになると大変ですが、身の回りのものを涼やかなものに変えるだけでも、気分が違ってくるはずです。今回は、シックで上品な夏向きインテリアにお勧めの色使いを人気のイベント『テーブルウェアフェスティバル』のコーディネートからご紹介します。

涼しさの定番はブルー

涼しげな色といえば、真っ先におもい浮かぶのは青や水色といった寒色。寒色を使うと、室内温度が2~3度くらい低く感じるというデータもありますので、夏には積極的に取り入れたい色です。

画像の代替テキスト
涼しい色といえば青!上:明るい水色をテーブルクロスの柄に取り入れて華やかな空間に。白とブルーの組み合わせが爽やか。下:くすんだ水色と紺色の組み合わせで落ち着いた印象。紺色が空間をピリッとさせるアクセントに。(画像:テーブルウェアフェスティバル)(画像:テーブルウェアフェスティバル)

上の画像空間はイメージこそ違いますが、どちらも寒色を使った涼しげなインテリアになっています。青と一口にいってもいろいろな色がありますので、お部屋のイメージに合わせて選んでいきましょう。

明るく華やかなインテリアには、青でも澄んだ明るい色が合いますし、シックで上品な印象にするには、少しくすんだような青が合います。また、渋く落ち着いた感じには、明度の低い藍色や紺色などもいいでしょう。

また色の使い方も、単色だけでなく、濃い色と淡い色を組みあわせたり、柄の一部に取り入れるなどの方法があります。ファブリックや小物の組み合わせて楽しんでくださいね。

素材はさらりと肌触りよく

夏インテリアを目指すには、色だけでなく素材にも注意しましょう。 色で手軽に部屋の雰囲気を変えるには、ある程度面積のあるテーブルクロスやソファーカバー、クッションといったファブリック類をチェンジするのが効果的ですが、ファブリックはさらりとした質感のものや透け感があるものが涼しく感じます。

画像の代替テキスト
こんな色のクッションなら一気に部屋が涼しくなりそう
右の爽やかなシャーベットブルーのクッションは麻素材。麻は冷たくさらりとした質感で夏にうってつけの素材です。反面、麻は硬い感触もありますが、このクッションは、細かいしわを表面に付けて、柔らかく肌になじむようなソフトな仕上がりが特徴です。夏には、リビングテーブルを片付けて、肌触りのよいラグとこんなクッションでごろりと過ごすのも良さそうです。

《 Lino e Lina/Sorbet クッションカバー アジュール》
サイズ:450×450mm用
素材:麻100% 
色:水色(その他各色あり) 価格:3,570円(税込み)
取り扱い:All About スタイルストア


青以外にも涼しくする色使いがあります。『青には飽きたわ』という方は次ページで。
冷たい色でシックでモダンに