お部屋のレイアウトやインテリアアイテムのセレクトといったインテリアコーディネートサービスを実際に頼む方、また、これから頼みたいなと思っている方も増えてきました。せっかく依頼するのだから、ばっちりと成功させたいですよね。
今回は、インテリアコーディネートサービスを行っているIC21に所属する二人の方に、コーディネートサービスを受けるにあたってのポイントなどをざっくばらんに語ってもらいました。是非参考にしてください。
<INDEX>
  • ファーストコンタクトが成功の鍵!・・・P.1
  • 本音で話そう・・・P.2
  • 実物を見に行こう・・・P.3
  • ショップにする?インテリア事務所にする?・・・P.4

  • ファーストコンタクトが成功の鍵!

    こうすれば成功する コーディネートの依頼
    落ち着いた優しい語り口の吉本さん。某有名インテリアスクールでの講師でもあります。
    ガイド:インテリアコーディネートはお客様と会って打ち合わせをしますよね。コミュニケーションで、難しいと感じることはありませんか?

    吉本さん(以降Yさん):そうですね。直接お会いしてお話を伺う際には良いのですが、最初の電話がポイントだと思います。ここで、仕事内容の説明をきちんとすることと、インテリアの好みがわかるものや新居で使いたいものの写真などの準備をお願いしておくと、あとの打ち合わせもスムースになりますね。

    それに、今までの暮らしぶりがわかれば、更に一歩上を行く提案を差し上げるように心がけています。

    こうすれば成功する コーディネートの依頼
    サービスを受ける前には準備が必要。ライフスタイルや好みのことも話合って。
    井田さん(以降Iさん):私も表情が読めない分、最初の電話は緊張します。お客様も見知らぬコーディネーターから電話が掛かってくるわけですから緊張されていると思いますが。

    でも、お会いするときに持っていく資料にも限りがあるわけで、ここで大まかなイメージがつかめないと、打ち合わせ回数も増えてお客様にも負担をかけてしまう。なので、失礼にならない範囲でちょっと踏み込んだところまでお伺いしたいですね。

    Yさん:イメージがまとまっていなくてもいいんですよ。例えば、「この照明器具が好き!」というのであれば、それに合わせて全体のコーディネートの提案もできますから。

    【成功の秘訣 その1】
    打ち合わせ前の下準備は必須。好きなイメージやアイテムの画像を持って行くべし!
    初対面でスムースに話しをするのは意外と難しいもの。伝えたいことをあらかじめまとめておくと良いでしょう。また、イメージや色などを伝えるには、写真などで見せるのが確実。気に入っているインテリアイメージや新居で使う予定のアイテムの写真を準備しておこう。


    打ち合わせでも上手くコミュニケーションを取れないと困ることも。それは次ページで。
    本音で話そう>>