幼児を卒業したら自分インテリアに

画像の代替テキスト
右:シックな色合いの花柄モチーフ。柄の中のチョコレート色がふんわりとなりがちな色使いを引き締めています。左:ベースの淡いピンクと柄の彩度が高いはっきりとしたピンクの組み合わせ。ビビットなピンクはポップな印象に。

小学生も中学年ころになるとそろそろ子供らしさを卒業でしょうか。子供たちにも好き嫌いが生まれてきますから、自分らしい部屋つくりを勧めてあげましょう。好みを考えながら、親子一緒にインテリアを計画するのも楽しいですよ。

幼いものから、大人っぽい雰囲気を好み始めます。モチーフデザインや色使いに注意しましょう。キャラクターやクレヨンで書いたようなラフな線は幼い印象になりがち。すっきりとしたライン使いのものがよいでしょう。女の子に好まれる花や鳥といったモチーフもデフォルメするとモダンな印象に、写実的であればクラシックな雰囲気になってきます。

ティーンエイジの心をくすぐる壁紙

10代といえば、レディーの一歩手前。大人の女性にあこがれる時期でもあります。 そんな女の子には下記のようなデザインの壁紙も素敵ですよ。

ファッション雑誌のイラストから飛び出てきたような女の子と都会の摩天楼をモチーフにしたボーダー柄を使っています。女の子の大人への憧れに、微笑ましくなる壁紙ですね。
画像の代替テキスト
淡いピンクと黄緑をボーダーで貼り分けています。女の子の黒いシルエットが空間を引き締めて大人っぽく。

今すぐにイメチェンしたい場合にはこれがお手頃!
簡単!ステッカーでイメチェン>>