(2)Flying Saucerオリジナル中華鍋
Flying Saucerオリジナル中華鍋
「火力が強いIHクッキングヒーターは、中華料理も得意!」という話を耳にするけれど、「やっぱりIHは中華料理が苦手」と思っている人、結構多いのではないでしょうか?
実は、自宅でIHを使い続けている私自身がそうでした。
一体なぜなのでしょう?清水さんが、その疑問を解き明かしてくれました。

「IHクッキングヒーターが火力が強いのは本当です。むしろ強すぎるので、中華料理でも火力を最強にしてはいけないのです」と、清水さん。ではどうして、うまくいかないのでしょうか?

→IHで中華料理がうまくできない理由:その1
1つ目の理由は「予熱」です。
IHクッキングヒーター用の鍋は、三層構造で、とても厚くできています。そのため、十分に予熱できていないうちに食材を入れてしまうと、上手に炒め物ができなくなります。
そうかと言って、何も入っていない鍋を「空焚き」するのは禁物。三層構造の丈夫な鍋でも、空焚きは急激に温度が変わり過ぎて、鍋を傷めてしまいます。IHの火力は、実はそれほど強力なのです。
清水さんが教えてくれた方法は、水を鍋底に1cmほど薄く張って鍋を充分に予熱し、お湯を捨ててから調理を始める、という方法でした。お湯を張ることで鍋の急激な温度変化を防ぎ、鍋を長持ちさせながら、しっかり予熱できるのだそうです。


→IHで中華料理がうまくできない理由:その2
2つ目の理由は、「鍋の側面」にありました。
海外製の高価なものも含め、ほとんどの鍋のつくりは「底面だけが三層構造」。これは、IHは底面を温めるので、鍋自体も「底面から加熱する」作りになっているためです。
逆にガスコンロは、炎が鍋の周りに逃げるため、鍋の側面を加熱することになります。
このように、IHとガスコンロの違いを理解しないで調理をすると、中華料理もうまくできません。

鍋をあおらなくても、食材をかき混ぜることで上手に炒め物ができる
Flying Saucerオリジナル中華鍋は、このようなIHの特徴を踏まえて開発されました。熱を素早く伝えるアルミを両側から丈夫なステンレスで挟んだ三層構造を鍋全体に回し、底面だけでなく、側面にも熱を伝えられるのが特徴です。また、IHはトッププレートがフラットで鍋が安定するので、鍋をあおることなく両手にスパチュラを持って食材をかき混ぜることで、炒め物も上手にできるのです。

この「全面三層構造」に加えて、IHクッキングヒーターの特性を生かす大きな底面や頑丈な表面仕上げといった作りは、IHクッキングヒーターの特徴を知り尽くしたFlying Saucerならでは。
私も早速27cmの鍋を1つ購入して使い始めましたが、本当に驚くほど、素材の味が素直に出せます。この中華鍋、パスタのソースを作ったり、さらにはそうめんを茹でたりするのにも最適で、中華鍋というより「IH向け万能鍋」とでも呼びたくなる便利さです。
持ちやすく工夫された把手や、傷んでしまった表面のテフロンをきれいに修理するサービスなど、この他にも色々な特徴がありますが、ここではとても書き切れません。清水さん、ごめんなさい!

(3)クックアローロ 片手鍋
「クックアローロ」の片手鍋 φ16cm.
Flying Saucerオリジナル中華鍋と同様の「全面三層構造」を採用している小鍋が、この「クックアローロ 片手鍋」です。頑丈で緩みにくい把手の作りなどに、メーカーのこだわりが見て取れます。
この小さな片手鍋の特徴は、中華鍋と基本的に同じ。では、なぜこれを取り上げたかというと・・

それは、「ストウブのピコ・ココット」「Flying Saucerオリジナル中華鍋」、そしてこの「クックアローロ片手鍋」の三つがあれば、ほとんど全ての料理に対応できてしまうからなのです。

IHでも、IHでなくても、ぜひ使ってほしい!
機能美が光る調理器具たち。

これからの季節にぴったり!Flying Saucerオリジナル土鍋。
Flying Saucerには、この他にも
●IH専用に工夫された、Flying Saucerオリジナル卵焼き機
●底にカーボン発熱体を使用して、軽く、IHでも問題なく使えるFlying Saucerオリジナル土鍋
●IHで直接加熱もできる、野田琺瑯の白く美しいホーロー製タッパー
●世界で一番割れにくいクリスタルガラスでできた、「ショットツヴィーゼル」のワイングラス
●イスに座ったときの持ち味に差が出る、絶妙な重量バランスのカトラリー
●ミリ単位・スライス厚さを調節できる、ドイツ製の「レズレー・アジャスタブルスライサー」
●「美味しく食パンを焼くこと」だけが特徴の、「デュアリット」社の単機能トースター
など、実用的で魅力のあるキッチン雑貨が揃っています。

店内には、実用的で美しいキッチンツールが整然と並んでいます。
実際に道具を使い、生活する人の目線で選ばれた商品たちは、丈夫で知恵が込められ、そして適切な価格の品物ばかり。決して高価なものだけではありません。

インターネットショップも充実していますが、実際にお店で一つひとつ手に取り、納得して手に入れた道具への愛着は格別なものです。ぜひ一度足を運んで、Flying Saucerの提案する「丁寧な暮らし 美味しい道具」を実感してみて下さい!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。