外国債券の魅力、そしてリスクとは?

外国債券の魅力、そしてリスクとは?

前回の記事では、外国債券の種類をご紹介しました。今回は外貨建ての外国債券の魅力とリスクについて、解説します。

【目 次】
外国債券の魅力……P1
外国債券のリスク……P2

 

外債の魅力1 金利が高い

外国債券の魅力は、まずは、日本の債券に比べて高い「金利」でしょう。日本はもうずいぶん長いこと低金利が続いています。外国では金融危機以降は政策金利が大分下がったとはいえ、日本よりも高い国多く、特に新興国の金利の高さが目立っています。ただし一般的に、金利が高い債券は信用リスクが高めの傾向がありますので、金利とリスクの両方を勘案して債券を選ぶことが大切です。
 

外債の魅力2 為替差益が期待できる

外債購入後に為替相場が円安に動いた場合、金利や償還金、売却益などを受け取る際に、為替差益が期待できます。

償還金の為替差益を例に考えてみましょう。たとえば、米ドル建ての債券、額面1万ドル分を、1万ドルで購入するとします。このとき為替が1ドル90円だったとすると、日本円では90万円が必要です。数年後、償還日が来て、額面金額の1万ドルが戻ってきました。それを日本円に換えて受け取る時、為替相場が1ドル95円になっていたとすると、受け取る日本円は95万円になります。つまり為替の影響で、当初の90万円が95万円に増えたのです。これが為替差益です。(手数料・税金等は考慮せず)。
(※次のページのリスク1の為替差損の項目もご覧下さい)
 

外債の魅力3 リスク低減効果が期待できる

通貨の分散

通貨の分散

運用のリスクを抑える基本的な方法は、「分散投資」です。一つの投資対象に投資するのではなく、値動きが異なる資産(株式、債券、不動産、金など)に分散して投資することで、どれかが値下がりしても、他のものの値上がりで資産全体としてはダメージが少なくてすむ、ということです。
 
値動きの異なる組み合わせとしては、「株式と債券」「日本円建ての資産と、外貨建ての資産」「株式や債券と、不動産」などが考えられます。外債の値動きは、日本の株式や債券とは異なる値動きをする傾向があります。資産のほとんどが日本円建てという人(多くの日本人はそうだと思います)は、外債を持つことによって、資産のリスク低減効果が期待できます。 

次のページでは、外国債券のリスクを解説します。