乗り物や動物、歩いたり走ったりする人物など、動いている被写体を撮影する場合、どのようなことに注意すればよいのかをまとめてみました。

動く被写体を「フォロー」する

乗り物など動いている被写体を撮る場合、最も一般的な撮影方法が「フォロー」と呼ばれる方法です。「パンフォロー」と呼ばれることもありますが、相手の動きに応じてビデオカメラも動かし、常に被写体に向かって撮影するテクニックです。とくに、被写体との一体感を持ちたいときなどに利用する撮影方法です。

撮影のポイントは、被写体の動きを予測しながら、被写体よりもちょっと先にビデオカメラを動かすような気持ちで撮影すること、カメラと被写体の動きが一致した映像が撮れます。