ウェブサイト内の任意のページの更新日時を表示

トップページやサイトマップなどで、各コーナーの更新日時が掲載されていると、いつ更新されたのかがすぐに分かるため便利です。 しかし、ページ数が多い場合、更新日時を手動で変更するのは非常に面倒です。

「SSI」という仕組みを使うと、任意のページの更新日時を簡単に取得して表示することができます。 この方法はJavaScriptなどのように環境には依存しないので、どんな閲覧者にも確実に更新日時を表示できます。
※SSI=「Server Side Include」(サーバ・サイド・インクルード)の略

 

更新日時を表示したサンプル
更新日時が表示されていると便利。これを自動で更新させましょう。

 

上記の例では、6つのコーナーすべてについて、それぞれの更新日を掲載しています。 これは、日付を手動で記述しているのではなく、各ページが更新されるたびに自動的に書き換わります。
※正確には、このページが表示されるたびに6つのページの更新日時が自動的に調べられて表示されます。

今回は、SSIを使ってウェブサイト内の任意のページの更新日時を表示させる方法をご紹介致します。

注■SSIが利用可能なことが必須

閲覧者の環境には依存しませんが、ウェブサーバ側で「SSI」という仕組みが利用できる必要があります。 SSIは、レンタルサーバならたいてい利用可能です。無料スペースでは使えないところもあります。詳しくは、お使いのサーバの仕様をご参照下さい。

SSI無効:「.html」・「.htm」/SSI有効:「.shtml」 多くの場合、ファイル拡張子を「 html 」ではなく「 shtml 」にすることで、HTML中でSSIが使えるようになります。 今回ご紹介する方法は、拡張子を shtml にしたHTMLファイル内に記述して下さい。(右図参照)

【目次】:

それでは、SSIで更新日時を表示させる方法へ >>