面倒見がよく、真面目な校風。桐光学園高等学校

進学実績を伸ばすとともに、部活動にも力を入れている桐光学園高等学校

進学実績を伸ばすとともに、部活動にも力を入れている桐光学園高等学校

1972年に学校法人桐光学園が設立され、寺尾みどり幼稚園を開設。1977年に高校第1期生が入学。のち中学が開校し、1991年に中学・高校に女子部が設置された。現在は幼稚園・小学校から高校まで擁する学園に成長。

同じ敷地内で男子棟・女子棟に分かれ、男女別クラス編成。授業も男女別に実施されている。生徒会活動や文化部のクラブ活動、学校行事などでは男女一緒に活動する。

男子の教育目標は「深い知性と豊かな人間性を持ち、次世代を担うリーダーとして活躍できる男性の育成」。女子は「高い品性としなやかな感性を備え、社会の中でリーダーシップを発揮できる女性の育成」。この教育目標のもと、知・徳・体のバランスのとれた教育を実践している。

進学実績を伸ばすとともに、部活動にも力を入れ、野球部の夏の県大会で3回優勝、男子バスケットボール部のウィンターカップ初出場など各種大会で好成績を上げ、県教育委員会より2007年度「かながわ部活ドリーム大賞 特別賞」を授賞。現在も文化部・運動部計47のクラブが盛んに活動している。

面倒見がよく、真面目な校風。積極的に学校生活を送る意欲のある生徒に適した学校といえよう。生徒数は1797名。男子1208名、女子589名となっている。