【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

外見よし! 性格よし! なのに本命彼女になれないのは…

本命彼女
自分を犠牲にして、好きな人に尽くすことで都合のいい女になっていませんか?
恋愛に一生懸命な女性はかわいいし、そのけなげさが相手の心をつかむこともあります。でも、ちょっと周りを見渡してみてください。心優しく男性に尽くすタイプの女性が恋愛で幸せになっているか……といえば、ワガママな男性に振り回されていたり、都合のいい女扱いされたりしているのが現実です。

男受けファッションなんて全く興味なし。ワガママ言い放題でも、付き合う男性からはプロポーズの言葉を引き出し、年下の彼からの熱烈アプローチを受けて結婚したヤスエさん(仮名)のような女性もいます。流行もモテも気にせず、つねに直球勝負。自己主張が強い彼女には、自分に合う男性をすぐに引きつける力があり、きちんと魅力を伝えられるのでしょう。

男性を見極める目があるか、ないか……。付き合う前のスタート地点も大事ですが、「いつも彼のために何かしてあげなければ愛されない」「素直に何でも言うことを聞けば愛される」というのは、すでに対等な関係ではありません。

「手放したくない」と彼に思われる存在かどうか

たとえば、失恋した人に言うなぐさめの言葉。「男(女)なんて星の数ほどいるよ」

「これから出会える異性は星の数ほどいる」「変わりはいくらでもいる」と言われても、たったひとりの特別な存在を失いたくない…と思うのが本気の恋愛で、本命彼女への想いなのです。彼の都合にいつも合わせていたり、テクニックや駆け引きで惑わせていても、相手の心に響いていなければ一緒にはいるけれど特別、本命彼女として認識されていないことが多いのです。


では、好きな彼から本命彼女として「手放したくない!」と思われる存在になるには?