会うまでのときめき度アップに

嫌われないメール
毎日のメールのやりとりから恋愛感情がしっかり育つことも
恋愛を苦手とする人の共通点として「相手に嫌われることを恐れる」気持ちが強いことがあげられます。「こんなことをしたら嫌われるかも」「重い(ウザイ)と思われたらどうしよう」などと、頭で考えすぎて行動に起こせない状態。

まずは軽~い気持ちで、メールを送ることから始めてみてはいかがでしょう。1日1メールを強制しているわけでもないですし、無理に書く必要もありません。ただ、朝のちょっとした時間やお昼を食べ終わった後、仕事が終わって疲れを感じている時などに優しい言葉をもらえると、嬉しい気持ちになりますよね。二人だけに共通する楽しい気分を少しずつ重ねていくことで恋愛感情が育っていくこともあります。

ディープな内容やネガティブな言葉は送らない

携帯電話のメールのやりとりに深刻な話は似合いません。大事なことは、ちゃんと会って話すべき。嫌われるメールというのは、そもそも相手の気持ちを考えない一方的なものであることが多いのです。隙間なく文字で埋め尽くされたディープな内容の長文メールが毎日届いたら、どんな気分になるか。そして、短めにするのだからこそ、単刀直入に切り出すネガティブな言葉は避けたいもの。

相手がどんな言葉を喜んでくれるか想像力を働かせること。そして、返信の内容から相手の嬉しいこと興味を持っていることを知っていくこと。少しずつ、確かめていくことが大事なのです。


とはいえ、返信があるか、ないか……それは気になるところ。何通送っても全く返信がない場合は今後の進展も期待薄と判断せざるを得ませんが、返信の早さやマメさは人によって違うので、相手に強要しなくてもいいのでは? 返信がないことが気になるのであれば、相手の都合やメールのやりとりについて聞いてから対応してもいいでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。