【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

卑怯な相手はこう制す

「あれ?言ってなかったっけ?」まさか既婚者だったなんて……先に確かめておかなかった私がいけないの?
出会ってから好きになるまで彼が既婚者だとは知らなかった場合、受けるショックは並大抵ではありません。すでにふたりの仲が進展しているとしたら、騙されたも同然です。

一番いいのは「こんなひどい男だったなんて」と幻滅し、きれいさっぱり恋愛感情ごと清算してしまうこと。嘘がばれ、ばつの悪い思いをしている彼には「こんな愚かな人だとは思わなかった」と軽蔑のまなざしを向けたのち、関係を断ちましょう。

仕事などでその後会う関係であっても、社交辞令は禁物。たとえ未練が残っても、彼には絶対に匂わせてはいけません。「彼女を傷つけた」罪悪感を植え付けることが、彼には一番の薬です。

わかってて続けたら“不倫”です

奥さんがいると知ってもなお、諦められない場合。あるいは、最初から既婚者とわかってても恋心が抑えきれず、彼と関係を持ってしまった場合。それは浮気のような遊びの域ではありません。もはや立派な不倫です。
あなたは決して“恋人”ではありません。ふたりがすでに愛し合う関係に進展しているならば、もはや友人ともいえません。彼が既婚者である以上、あなたは“愛人”にしかなれないのです。

愛人である以上、あなたは立場をわきまえなくてはなりません。彼と会うときは毎回、彼の背後にいる見えない奥さんに対し「ごめんなさい、お借りします」と心の中で謝るくらい、謙虚になってください。彼もあなたも罪悪感を忘れてはいけません。そこまでしても、彼と関係を続けたいと思いますか? 虚しくはなりませんか?

あなたを本気で愛していれば、彼はあなたを愛人の立場においやるなんてことはしないはず。身辺をクリーンにしないまま、妻もあなたも都合よく扱おうとしているのが彼の本音だということを忘れずに。

ずるい彼には、こんな対処法も。