デジタルツールを上手に活用

バーチャルな繋がりでも、目の前の感動を一緒に味わうことは可能。デジタルツールは遠距離カップルの強い味方。
昨今は、ネット恋愛のように会わずとも愛を深めるカップルもいます。彼らは携帯電話やパソコンを駆使し、たまにしかデートしないカップルよりも数倍、コミュニケーションが図れています。

メールやテレビ電話、スカイプなどのメッセンジャーなど、それぞれの特徴を比べてみましょう。

■メール/ケータイメール
電話と違い、相手の都合を問わずメッセージを配信できるのが利点です。メールはあくまで「手紙」なので、返事を期待したり強要しないのがベター。

■テレビ電話
あらかじめ相手と都合を合わせる必要がありますが、お互いの顔を見ながら会話できるという意味では、最もリアルなコミュニケーションが可能。「会いたい」と思わせるよう、極上の笑顔を見せて。

■メッセンジャー(チャット)
お互いにオンライン状態ならば、いつでも会話が可能。ネットの接続料金が固定であれば、時間を気にせず楽しめます。必要なアプリやIDの取得も無償のものが多くあるので、恋人と相談して導入を。Webカメラを活用すれば、テレビ電話と同様の使い道も。

■ブログ、SNS、Twitter
これはいずれも公開ツール。ふたりだけのクローズドなやりとりも可能ですが、オフィシャルな使い道が基本となります。必ずしも見てもらえるとは限りませんが、意外な「あなた」をアピールする場として活用するのも面白いかも。


会えない時間に育てるのは、愛情以外の何物でもありません。ましてや不満でも不安を育ててしまったら、破局へ近づくばかり。不安を払拭する一番の方法は、いつまでもあなたに興味を抱いてもらうこと。「なかなか会えない」ことに思いを馳せるより、会えない時間も楽しく演出して、「早く会いたい」と思わせましょう!


<ガイドからお知らせ>
最新記事の更新他、ガイドの活動情報や告知は公式ブログをどうぞ!
Twitterもやっています。フォロー歓迎。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。