渋谷の屋根裏、しかも屋上つき

渋谷駅ハチ公前から西武A館とB館のあいだの道路を通り、東急ハンズに向かって歩いていき、左手の角のいかにも猥雑な感じのする雑居ビルの4階に、attic roomがオープンしました。エレベーターが無いので、おとなしく階段をのぼるしかありません。
(カフェ歴が長い人は、かつて恵比寿にあった名店を思い出すかもしれませんね。あのお店も5階にあるのにエレベーターがなく、お客さまに否応なしに有酸素運動をさせてしまうカフェでした)


2005年12月にオープンしたばかりのattic room。店名が意味するのは<屋根裏>です。

「ビルの入り口が怪しげなものですから、思いきって入ってくるには少し度胸がいりますよね。でも、やや不気味な雰囲気の中をのぼっていった先に、ゆったりした空間が待っている、それが<屋根裏>だろうと思うのです。思いきって階段をのぼった人だけが知ることのできる空間ですね」
と、オーナーの五味啓さん。広告のお仕事が本業です。

▼エレベーターになるはずの空間が、限定2名の個室に