真似のできない空間造り


良いカフェのことはたくさんの人にお伝えしたいのだけれど、同時に、自分の大切な場所として内緒にしておきたいという葛藤を感じることがあります。このカフェはとりわけ葛藤が大きかったお店ですが、思いきってご紹介しますね。

千駄ヶ谷トンネルにほど近い「神宮前2丁目」交差点は、カフェ好き、インテリア好きの人間にとっては隠れた名所のひとつです。交差点の四つ角それぞれに、Pour Annickサザビー、ダイナーカフェ、そしてENEOSの隣にこのQahwaと、ショップやカフェが密集しているのです。

古びた木製テーブルの並ぶテラスを見ながらQahwaの扉を開けると、そこはまるでパリに昔から存在するカフェ! 1階フロアから足を踏み外しそうな階段を下りて地下に潜り込むと、隠れ家めいた空間がひろがります。

古い洋書、エキゾチックなポスター、豆電球……。「雑然の魅力」とでも申しましょうか。一見、雑多なものが無造作に並べられているように見えながら、実はひとつの強固なスタイルを持ち、素晴らしく魅力的な空気を創り上げています。真似をしようと思ってもできない、まるで<巣>を作るような独特の感覚。

▼Qahwaはフランス人オーナーと日本人オーナーの共同経営。