困った時にこの一缶

ノザキのコンビーフ缶
『ノザキのコンビーフ』というと、日本で一番認知度の高いコンビーフだと思います。

『ノザキのコンビーフ』は、国産コンビーフの第一号として1948年に野崎産業より発売されました。

野崎産業は1999年に川鉄商事に吸収合併、その後の分社化を経て、現在はJFE商事ホールディングス配下の食品商社、川商フーズから販売されています。

ノザキのコンビーフ電柱看板イメージ
image
ノザキのコンビーフで思い出すのが、首都圏の国電の電柱にあった看板ですか。こんな感じだったと思います。

バブル期に東京で仕事をしていたので、とても懐かしく思います。

ジャパンフリトレー ノザキのコンビーフマヨ味 コーンスナック
そんなノザキのコンビーフの味をスナック菓子で再現したのが、今回紹介するジャパンフリトレーの『ノザキのコンビーフマヨ味 コーンスナック』です。コンビーフ缶まんまのパッケージが目を引きます。

最近、フリトレーは理研ビタミン、桃屋など食品メーカーとのコラボ商品が続いていますが、その流れで企画されたものですね。

味はコンビーフにマヨネーズを混ぜた味だそうです。でも、コンビーフは使っていないそうです。

香りも味もコンビーフマヨ

ジャパンフリトレー ノザキのコンビーフマヨ味 コーンスナック 内容物
大きさは明治製菓のカールと同じくらいです。今回は味だけ期待していたのですが、袋を開けると、コンビーフとマヨネーズの強烈な香りがいたします。これで腹いっぱいになります。

味も本物のコンビーフマヨ味と同じです。コンビーフですから塩味がキツいので、これからの季節(ちょっと早いかな?)、生ビールのおつまみに最適だと思います。笑いもとれるこのスナック、一度お試しください。


ジャパンフリトレー・新製品情報
ジャパンフリトレー
ノザキのコンビーフ(川商フーズ)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。