しゃべっちゃダメ!

もうすぐ節分です。節分というと豆まきが一般的なイベントですが、最近コンビニやスーパーで売り出しているのが『恵方巻』ですね。

本当の恵方巻は海苔巻なのですが、なぜか最近はお菓子にもかぶりつき用の品が出ています。以前から一度食べてみたかったのですが、今回勇気を出して買ってみました。

江崎グリコ

江崎グリコ かぶりつきコロンとかぶりつきポッキー
『かぶりつきコロン』と『かぶりつきポッキー』、数年前から節分の時季に販売されています。コロンはチョコナッツ、クリーム、イチゴの3種類があります。
江崎グリコ かぶりつきコロン江崎グリコ かぶりつきコロン
かぶりつきコロンの中身です。長さは275mmですが、これって普通のコロンを長くしたもの(要は短く切らなかった)でしょうか。
江崎グリコ かぶりつきポッキー
かぶりつきポッキーの中身です。こちらは215mmです。この大きさはお土産ポッキーのサイズでしょうか。きなこ味になっています。

エグザクト

エグザクト 鬼に金棒
『かぶりつき鬼に金棒』です。豆乳入りのスティックドーナッツです。チョコ入りもあります。これは鬼が食べるためにあるのでしょうか。
エグザクト 鬼に金棒
長さは170mmです。新潟市でお祭りのときに売られている『ポッポ焼』みたいです。

山崎製パン

山崎製パン 節分ロール
『節分ロール』です。これは恵方巻風のロールケーキですね。まわりの黒い部分は竹炭入りスポンジを使っているそうです。
山崎製パン 節分ロール
長さは150mmです。今回紹介する品の中では一番太いです。
山崎製パン 節分ロール
断面です。太巻なので、彩りが欲しい気もします。

海苔巻の恵方巻と比較して

海苔巻の恵方巻との違いは『細い』『長い』でしょうか。太いほうが食べごたえがあると思いますが、ポッキーやコロンなど硬いスナック菓子が多いので、太いとのどに詰まらせたときに大きなダメージになるからでしょうか。ヤマザキの節分ロールは柔らかいので、海苔巻並に太めになっているのだと思います。安全を考えると仕方がないのでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。