誰もが食べた幻の麺?

『ソフトめん』は、小学校の給食の定番メニューとしてご存知だと思います。一食づつビニール袋に入っており、温められた状態で教室に配られ、いろいろな味のスープ(味噌スープ、ラーメンスープ、カレースープ等)に入れて食べたのではないでしょうか。麺類好きな私にとっては一番楽しみにしていたのがソフトめんの給食でありました。

ところが、大人になってからソフトめんを食べようと思っても、どこにも売っていません。最近ですと給食メニューのレストランで食べることができたり、通信販売の給食セットで入手できますが、スーパーで生ラーメンやうどんのように手軽に入手できるものではありません。小学校の事務員の方とお話をする機会があったとき、ソフトめんの話で盛り上がりましたが、入手方法を教えていただくところまで話は進みませんでした。

関本製麺 ソフトメン
ところが、このGWにスーパー(新潟市小新にあるアピタ新潟西)で、ソフトめんを発見してしまいました。新潟市の製麺メーカー、関本製麺が製造販売している『ソフトメン』です。これは食べねばと、さっそく購入いたしました。

ソフトめんとうどんの比較
ソフトめんの品名は『ゆでうどん』となっていますので、うどんと比較してみました。うどんの太さの半分くらいでしょうか。私が小学校の頃はもっと太かった気もしますが。あと、麺と麺がくっついていないのも特記すべき事項だと思います。これは『蒸してからゆでる』という製法も関係しているのでしょうか。

約30年ぶりの味

ソフトめんとミートソース
今回は昼食として、レトルトのミートソースで食べてみました。小学校以来ですので三十数年ぶりに食べることになります。スパゲティに比べるとボリュームが無いようで、そんなに重たくありませんでした。麺どうしがくっつかないというのも良いと思います。そのため、麺にミートソースがうまくからまり、麺ばっかり食べるということもありませんでした。

これでミルメークとソフトめんという、学校給食の二大人気メニューが市販されたわけです。他に学校給食でしか食べられなかったものって何がありましたでしょうか。鯨の竜田揚げ?バブルフルーツ?脱脂粉乳?

All About[コンビニグルメ]給食リンク集

戦う給食調理員・ソフトめんのなぞ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。