低カロリーのカップ麺が欲しいです

肉体労働(教員は体が資本です)をしていると、どうしても腹にたまる食事が欲しくなります。お昼ごはんも汁物が欲しいこともありまして、弁当といっしょにカップ麺を食べています。しかし、最近のカップ麺は味が濃くてカロリーも高いものが多いですよね。

ケンミン焼ビーフンガーリックしょうゆ味
ガーリックしょうゆ味
そこで見つけたのがケンミンのカップ焼ビーフンです。カロリーは278kcal。手許にあった日清どん兵衛天ぷらそばとCGCのカップ麺が475kcalでしたから、カロリーは一般のカップ麺の6割程度でしょうか。発売は2月でしたが、近所のスーパーで見つけたのが最近というのと、カップ焼そばのようにうまくカップ焼ビーフンができるのかという疑問もありまして、今回食べてみることにしました。

ケンミン焼ビーフンスパイシー塩味
スパイシー塩味


内容はシンプル

今回は内容物の写真を撮るのを忘れましたが、ビーフン、かやくとソースという一般的なカップ焼そばと同じです。作り方もカップ焼きそばと同じく、かやくを入れてお湯を注ぎ、3分後お湯を捨ててからソースをからめます。ラーメンと違い、ビーフンは時間が経っても麺が伸びるということはないのが特徴でしょうか。

ケンミン焼ビーフンガーリックしょうゆ味でき上がり見本
ガーリックしょうゆ味のでき上がり
ガーリックしょうゆ味はとても香ばしい香りがします。味は辛めです。食べた直後はそんなでもないですが、後から辛くなっていきます。ソースがうまく混ざっているところと混ざっていないところの味の差が激しいです。かやくの量は一般的なカップ焼きそば並です。もっと具だくさんだとうれしいのですが。

ケンミン焼ビーフンスパイシー塩味でき上がり見本
スパイシー塩味のでき上がり
こちらはスパイシー塩味。ご覧のとおり、ソースの色も薄く味も薄味です。ビーフンを味わいたい人には、このかすかな味付けが良いと思います。

低カロリーで満腹感を

さて、今回のケンミンカップ焼ビーフンですが、287kcalという低カロリーな割に満腹感を強く感じました。ビーフンは見た目に比べると腹にたまります。味が割合薄味なので、味を楽しむよりもビーフンを味わうという感じが強いのも、満腹感を感じさせる理由なのでしょうか。一度食べてみる価値はあると思います。

神戸・元町 健民飯店 インターネット本館(ケンミン食品の通信販売サイトへ)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。