早いもので今年も残すところあと1ヶ月、そろそろこの1年の回顧をする季節となりました。ソフトドリンク的には、『アミノ酸』に終始した1年間だったと思います。類似製品はたくさん出るし、テレビCMもインパクトがありましたね。


今年発売された缶コーヒーの中から。

また、今年は缶コーヒーの当たり年でもありました、上の写真はその中のほんの一部ですが、各社とも秋冬の缶コーヒーシーズンにぶつけて、飲みきれないほど(だいたい購入しましたが、ホントに全部飲みきっておりません)の新製品が発売されました。そこでこの年末、特集として、この1年に発売された缶コーヒーのランキング付けを行おうと考えました。

しかし、独断でランキングを付けると非難の声が飛んできそうなので、『懐かしの飲料リクエスト大募集!』のように、ガイド記事への感想投稿フォームを活用し、皆さんからの意見を参考にして様々な角度からランキングというよりもレビューを行おうと思います。レビューのポイントはだいたい以下の項目になるかと思います。
  1. (プラス思考でお願いします。この意味をよく理解してね)
  2. パッケージデザイン
  3. 懸賞グッズ・おまけ
  4. 宣伝広告ならびにCMタレント
  5. あの缶コーヒーはどこに行ったの?
  6. 缶コーヒーにまつわる今年の思い出(ラブストーリー大歓迎)
  7. とにかく今年の缶コーヒーに一言言いたい!


ということで、12月15日くらいまでにお寄せいただいたご意見を基に、クリスマスあたりに『缶コーヒーレビュー2003』として、記事をお目にかけたいと思います。たくさんのご投稿をお待ちしております。好評だったら2104年くらいまで(鬼が笑いころげるぞ)毎年年末に企画したいと思います。

投稿はこちらから。

『缶コーヒーレビュー2003』へ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。