最近のカップめんといいますと、麺にこだわったり、スープにこだわったものを多く見かけます。『麺がうまい』とか『スープが決め手』というキャッチコピーをお聞きになった方も多いでしょう。

麺とスープとくれば残りは具。麺やスープにこだわっているのに具は乾燥ネギとナルト位という製品もありました。私も家でラーメンを作ってもらうときはキャベツやもやしなどの野菜をたくさん入れた『具だくさん』のラーメンを食べますが、具もラーメンの大きな要素であることは確かです。

そこで今回は具にこだわったカップめん、日清食品の『具多』(Goota)を紹介いたします。これは10月28日より関東甲信越地区より発売され、順次全国展開されるそうです。バリエーションは、『炙焼(あぶりやき)叉焼麺』(玉子メンマ入り豚骨醤油味)、『手包雲呑麺』(清湯醤油味)、『鉄鍋炒野菜 肉ソボロ麺』(濃厚味噌味)、『中華海鮮 八宝菜麺』(豚骨塩味)の4種類ですが、このほかに冷凍麺として、チャーシュー麺とワンタン麺が出ています。今回はこの中から『炙焼叉焼麺』と『手包雲呑麺』を食べてみました。