今回は寿がきやの新製品を紹介します。寿がきやは名古屋市にある食品メーカーでして、日本で初めて即席粉末スープを開発した会社だそうです。そういえば、小さい頃、生ラーメンを買ってくると、必ず寿がきやの粉末スープが付いておりました。また、中京地区では子会社のスガキコシステムズが『Sugakiya』というラーメンとソフトクリームのファーストフードショップを運営しております。

その寿がきやから、2002年限定版カップめんの『和風とんこつラーメン』が発売されました。フタには寿がきやのキャラクター『スーちゃん』がデカデカと描かれています。ギターを持っていますが、名古屋弁で歌っているようです。(スーちゃんの脇に書いてあるのが歌詞。公式サイトによるとJ-Phoneで着メロダウンロードができるらしいです)



とんこつラーメンというと、九州ラーメンに代表される濃厚な味というイメージが強いですよね。それが和風になるというのはどういう事なのか、疑問に思って試食することにいたしました。

スープをかけ、お湯を注ぐと煮干しダシの香りがします。やはり和風ダシというと煮干しでしょう。また、味も普通のとんこつスープのこってりした味に比べると、あっさりとした味付けになっております。くどくないので、スープだけでもおいしくいただけます。



いつも通りあまり綺麗ではありませんが、出来上がりの写真です。麺はノンフライ麺を使っています。普通の油揚げ麺に比べると、ノンフライ麺は麺が固いというイメージがあるのですが、この麺はよくほぐれ、柔らかくなります。スープにマッチしています。

具はレトルト調理品のチャーシュー2枚とメンマが付いています。スープがあっさりしているので、そんなに濃い味付けではないと思うのですが、いい箸休めになります。レトルトなので柔らかく煮込んであるのもおいしくいただける理由でしょう。

最近トシのせいなのか、あんまりこってりとしたラーメンを好まないのですが、この『和風とんこつラーメン』は、あっさりすっきりなのでいくらでも食べられます。ただ、『2002年限定版』というのが残念です。コンビニで見かけたら、ぜひ一度食べてみてください。

寿がきや食品 - http://www.sugakiya.co.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。