ザ・ペニンシュラ東京

ペニンシュラ
ペニンシュラ
24階からの眺望
ペニンシュラ・テディベア
ペニンシュラ・テディベア
2007年9月1日に日比谷にオープンした、ザ・ペニンシュラ東京。

世界の高級ブティックが立ち並ぶ仲通りをはじめ、東京にあらたなトレンドの発信地として急成長をとげている丸の内にあり、JR有楽町駅にも徒歩2分、銀座や東京駅に近い好立地にあります。

ザ・ペニンシュラホテルズは現在アジア、米国の主要都市(香港、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、バンコク、北京、マニラ)において、ラグジュアリーホテルを展開。

親会社である香港上海ホテルズ社は1866年に設立され、アジアと米国に五ツ星ホテルを展開した草分け的存在のホテルです。

「客室」「サービス」の水準の高さは言うまでもありません。ここではスイーツについてご紹介します。

24階建のザ・ペニンシュラ東京には、4つのレストランとブティック&カフェ、そしてバーラウンジがあります。
▼Peter(24階)
▼ヘイフンテラス(2階)
▼ザ・ロビー(1階)
▼京都 つる家(地下1階)
▼ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ(地下1階)

「Peter」「ヘイフンテラス」「京都 つる家」については、女性のためのグルメ情報 ガイドの河野さんがご紹介しています。
洋菓子ガイドからは、「ザ・ロビー」のアフタヌーンティと、「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」で販売されているスイーツをご紹介しましょう!

【関連ページ】日比谷・銀座の新たなスイーツたち

■<9月1日オープン>ミラヴィル インパクト(マロニエゲート)
■<9月14日リニューアル>プランタン銀座デパ地下情報