1周年を迎える商業施設「パサージュ青山」。

イル デジデリオ
階段をのぼった2Fの左がリストランテ「イル デジデリオ」。

「PASSAGE AOYAMA(パサージュ青山)」の「ラ メゾン ドゥ タカギ」を取材して1年。いつ足を運んでも、この南欧風商業施設に、花がたえないのは、遠回りしてでも通りたくなる小道になるよう、「Kate Rose(ケイトローズ)」が季節ごとにいつも花を植え替えているから。

イル デジデリオ
「パサージュ青山」内にある「ケイトローズ」のローズツリー。

「ケイトローズ」とは、同施設内にある、世界各国から集めた珍しいバラのアレンジが人気のフラワーショップ。ウィンドーにローズツリーがディスプレイされていることからもわかるように、ニューヨークスタイルのフローラルデザインを手がけています。

“女性がきれいに見える空間”がコンセプト。

イル デジデリオ
「イル デジデリオ」ダイニング席。

この「ケイトローズ」が、レストランの花を一手に引き受けるのが、同施設内2Fにあるリストランテ「イル デジデリオ」。店内には至る所に、ローズをメインとしたアレンジメントが飾られ、“女性がきれいに見える空間”をコンセプトとしているのも、うなづけます。

ミルクしか飲んだことがない仔牛のグリル。

イル デジデリオ
たっぷりの春野菜に囲まれた乳飲み仔牛のロースト。

そんな「イル デジデリオ」は、ディナーコースもさぞや女性的と思いきや、意外にも、メインの見た目はがっつり。一見、ラムにも見えますが、それは、厚さ2センチはあるかと思われる仔牛のロースト。

表面がうっすら白いのは、まだ赤身になる前のミルクしか飲んだことがない仔牛だから。そのため、噛むと、感じるのは、ほんのりとしたミルクの甘み。

レヴェランス
表面が白っぽい赤身になる前の仔牛肉。
かなりレアですが、スッと切れるのは、肉自体がまだすこぶるやわらかいから。生であって生じゃない、牛肉であって牛肉じゃない、そんな相反する味わいが、このひと皿の美味しさです。

「仔牛はあまり薄くても、美味しく焼けないんですよ」とシェフ。また、「春野菜にソースはいらない」と言い切るシェフの言葉通り、空豆、タラの芽、チポロット(ネギのような葉つきの小タマネギ)などが、塩が生きたひと切れに寄り添うように、旬を奏でていました。

イル デジデリオイル デジデリオ
 

次ページでは、前菜と自慢の手打ち麺をご紹介します!