明治41年創業の老舗料亭「京都つる家」の会席料理。

ザ・ペニンシュラ東京
「京都つる家」と言えば、京都では知らない人はいないであろう、明治41年創業の老舗料亭。創業より100年間、皇族の方々や政財界人、各国元首をはじめとする貴賓の方々をおもてなししてきた誇りと歴史は、「吉兆」と並び、一見さんお断りの方針でもよく知られています。

そんな「京都つる家」がこの度、「ザ・ペニンシュラ東京」B1Fに出店。季節ごとの魅力を繊細に盛り込んだ美味なる会席料理を提供します。

店内は、最初に目にする天ぷらカウンターの他、掘り込み式の和室を含む5つの個室とメインダイニングで構成されています。

目を引くのは、ガラスの中に白木を入れた組子の壁。すくすく育つことを意味する麻の葉を組み合わせ作った紋様が彫られています。その日本古来の巧みな技がモダンなインテリアと融合し、風雅な落ち着きを宿しているのです。

最高の逸材をそれぞれの名産地から取り寄せた天ぷらは、お昼は紅葉(10,000円)、桜(16,000円)、萩(25,000円)の3通り。夜は、桜(16,000円)、萩(25,000円)、冨士(30,000円)の3通り。アラカルトもありますが、お昼なら8品にかき揚げが付く桜(10,000円)がポピュラーだそう。今の旬は、野菜なら松茸、蓮根、魚なら白魚、鱧などがお奨めだそう。

また、趣向を凝らした会席は、お昼は桃山(11,000円)、祇園(22,000円)、平安(33,000円)の3通り。夜は、祇園(22,000円)、平安(33,000円)、東山(44,000円)、桂(55,000円・要3日前までの予約)の4通り。

また、お昼のみ、縁高弁当の大徳寺(8,800円)も用意されています。これは、付き出しに海老しんじょうのお吸い物、そして焼き物やお浸し、お造り、塩蒸し、厚焼き玉子など10種ほどの品が入ったお重、かやく御飯、香の物、デザートのフルーツが並ぶランチメニュー。

贅を尽くした食材と器や盛り付けにもこだわったお料理の数々は、気品に溢れ、まさに京都の宝と言うべき逸品です。

京都本店の文化勲章を受章した故吉田五十八による近代数寄屋建築の建物や、東山を背景にした庭園に思いを馳せながら、東京ならではのしなやかな時間を紡ぎたいものです。

<店データ>
京都つる家
営業時間
ランチタイム  11:30~14:30(LO)
ディナータイム 18:00~21:00(LO)
座席数 68席 個室5部屋(2~10名まで)
電話  03-5222-8700
*上記のお料理は、全て税込みの料金です。

【新記事&次回記事のアップ情報は、女性のためのグルメ情報 ガイドメールマガジンでお知らせしています!】

**********【ザ・ぺニンシュラ東京のポケット見どころ!】**********
外観の東北東7Fの角には、3メートルほどの白い魔除けが取りつけられています。これは以前、この土地に建っていた「日活国際ビル」に施してあったもの。戦後の混乱のさなか、「有楽町よ!頑張れ!」という願いを込めて、掲げられていたものだそう。取り壊しの際、これだけ取り除き、きれいにシェイプアップして、「ザ・ペニンシュラ東京」の鬼門となる場所へ移されたのだそう。古い建物から新しい建物への、唯一の歴史をつなぎ手です。

こちらもどうぞお見逃しなく!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。