エレガントな大人の時間に酔いしれる「シェ・イノ」の姉妹店。


ドゥ ロアンヌドュ・ロアンヌ
ビルの1Fに構えるドゥ ロアンヌ外観。いつ訪れても店内中央にはゴージャスに生けたお花。

食後のアフタートークも済んで、そろそろという頃、シェフソムリエが運んできてくれた思いがけないデザート。

ドゥ ロアンヌ
サプライズのバースデーデザート。
驚きながら目をやると、表面にはチョコレートで書かれた「Happy Birthday」の文字。

今日がバースデーランチだったことを、シェフソムリエに話したのは、帰り際のつい3分ほど前なのに。それもちょっとした雑談程度に。

こんな魔法のような出来事も、ここではほんのお手のもの。

ドゥ ロアンヌ
クリスチャントルチェとRAYNARDがコラボしたウェルカムプレート。
日頃から、フロアでサービスにあたるスタッフが、ゲストの記念日等の情報をキャッチすると、それをすぐさまシェフの耳に入れ、お祝いの気持ちを甘い一皿に託すのだそう。

こんな風にゲストが喜ぶことを即座にできるお店は、本当にホスピタリティーを重んじている証拠。「シェ・イノ」のオーナー・井上シェフの姉妹店とあり、さすがだなと思いました。

「大胆かつ繊細に」が鉄則の岡本シェフのフレンチ。

ドゥ ロアンヌ
井上シェフの門下生にあたる岡本シェフ。
その名は、ドゥ ロアンヌ。

北海道から東京に出てきて、井上シェフの下で5年。その後、フランスに渡り、パリで三ツ星の「ギー・サヴォア」「トロワグロ」「ローベルガード」「バスティーユ・サントアントワーヌ」で修行。

4年後に帰国し、博多全日空ホテル料理長として腕をふるっていた岡本シェフを、井上シェフが呼び寄せました。

ドゥ ロアンヌ
天井までびっしりワインがストックされたセラー近くの席。
そんな岡本シェフの中に、今も受け継がれているのは、井上シェフから教わった「大胆かつ繊細に。決して、繊細かつ大胆にではない」の鉄則。

「塩をふる時も、ちまちまやっていたのではいい味は生まれない。仕上げてしまった料理は元には戻せないけれど、塩辛くなるのを怖がっていたら、小さな仕事になってしまう。最初は大胆にかかり、最終的に繊細な味わいに創り上げていくのが、本当の美味しさというもの」と岡本シェフ。

ドゥ ロアンヌ
クリスチャントルチェが描いたギガンジウレ(葱坊主)。
サプライズのデザートは、そんな岡本シェフの心のこもったプレゼント。お皿がすっかりきれいになるまでいただきました。

そんな岡本シェフの大胆かつ繊細なフレンチは、次ページにてたっぷりご紹介します!