ファニーなものからブラックなものまで

カード&ボードゲームのモチーフは、森羅万象に及ぶ・・・・・・ といってしまっては、いいすぎですが、そのテーマの多様性は、おそらくみなさんの想像を超えていると思います。

もちろん、多くは子供でも遊べる人畜無害なテーマが多いですが、ブラックなものになると、例えば、近頃よくニュースに流れる「大麻」をモチーフにしたカードゲームまで存在します。それが『グラス』です。

グラス
「grass」とはスラングで「マリファナ」のこと
タイトル:グラス
原題:grass
メーカー:Euro-Commerce
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:30分位


プレイヤーは大麻の密売人となって、金を稼ぐというなんとも剣呑で罰当たりなゲームです。

実に汚い密売人たちの足の引っ張り合い

プレイヤーは仕入れた大麻をマーケットに流し、せっせとお金を稼ぐわけですが、目立てば他の密売人からの嫉妬を買います。このゲームが最高に愉快なところは、密売人らしく、プレイヤー間で相当汚い足の引っ張り合いがあるところ! 

グラス
大麻の価格が、最高級品のパナマ産$50,000に対して、自宅栽培だと$5,000など、産地によって売値が違うなどいかにもなディテールの凝り方が笑える。
敵への妨害は、特殊カードの効能によって行なわれますが、この内容が、麻薬の密売に関れば、絶対にふりってかかってくるだろうという厄災のオンパレード!

罰金をくらったり、投獄されたり、闇討ちなどの妨害から、敵の売上金をピンハネしたり、あるいは被害妄想になったりともうハチャメチャ。密売人稼業も楽ではありません。

(あ、念のため繰り返しますが、これらの全てはカードの効能であり、ゲーム中の実際の行動ではありませんよ!)

カードを収める袋に隠された秘密→