果たして無事に生還できるか!? 溶岩流に乗って地上へ

地底旅行
噴出せんとする溶岩を利用して、地上を目指す探検隊の一行。
なんとか対岸にたどり着いたリンデンブロック教授一行。第3エリアは溶岩エリア。もうゲームは一気にクライマックスです。

上昇する溶岩流に乗って、火口から一気に地上へと脱出します。ここでは、もはやアイテムは役に立ちません。

冒険で得た化石が溶岩に飲まれないように、ひたすら祈るだけです。

そして噴火とともに地上へ生還! 貴重な化石は幾つ持ち帰ることができましたか?


それはまるで遊ぶ小説

双六屋がこのゲームを遊び終えて、もっとも感心したのは次の点です。

ゲームに要する時間は、第1、第2、第3とステージが進むごとに、そのエリアに要するプレイ時間が短縮していきます。

ゴールに近づくにつれて、ゲームがどんどん加速度を増していく感じが、『地底探検』の小説がクライマックスに向かって盛り上っていく様子にぴったり符号して、実に見事なのです。

ゲーム単体で遊んでも申し分ありませんが、小説に出てくる冒険要素をほぼ完璧に盛り込み、かつボードゲームとしてもおもしろく完成されています。

だからこそ、まずは小説か映画を観てから遊んでもらいたい作品です。

本日のジュール・ヴェルヌな関連・参考サイト

今すぐ八十日間世界一周の旅に出る方法
映画『センター・オブ・ジ・アース』公式サイト
東京ディズニーシー:センター・オブ・ジ・アース
Jules Verne Page ジュール・ヴェルヌの研究サイト

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。