ハトが舞い、ロート製薬のテーマが流れれば・・・

クイズダービーゲーム
今見るとなんとも年代を感じるボックスアート
かつて『クイズダービー』という番組があったことをご存知でしょうか?
「ああ、徳光さんが司会で、解答者の一枠が北野教授のクイズ番組でしょ」 NOォ~!!! 司会は大橋巨泉で、一枠は篠沢教授が絶対不動でしょうがっ! 

こんにちは双六屋です。いきなり取り乱してすみませんでした。冒頭から双六屋と意見が合わなかったかたは、まずは「あなたの中年度を試す踏絵サイト」にて、年齢チェックをしてみてください。


さて、双六屋と同性代の方なら、小学生時分の土曜日の夜といえば、『日本昔ばなし』→『クイズダービー』→『8時だよ!全員集合』と流れるのが不文律のテレビスケジュールだったことでしょう。(ちなみに双六屋はこの後のゴールデン洋画劇場まで雪崩れ込んでいました)今日はそのクイズダービーのボードゲームのお話です。


はらたいらさんに3000点!

クイズダービーゲーム
誰をモデルにしているかは容易に想像がつく。
今でも「クイズ ヘキサゴン」や「脳内エステIQサプリ」など、人気クイズ番組がボードゲーム化されることは、珍しくありませんが、その走りともいえるのが「NEW クイズダービーゲーム」だったように記憶しています。

ちなみにこのゲームは、『" target="_blank">ボードゲウォークコミュニティー』の「国内ゲーム販売史」によれば1979年の発売になっています。

ちゃららららら~、らら~、らら~♪(シンキングタイムのBGM) まず外見から。ボックスアートを眺めてみると、版権や肖像権の問題でしょうか、解答者は名前ではなく職業名になっています。

が、どう贔屓目に見ても1枠左から、篠沢教授、女優(ここは人によっていろいろだとおもいますが、双六屋としては斎藤慶子さんですね)、はらたいら、竹下景子が意識されていることは間違いありません。
次ページではあのボードゲームならではの解答席の秘密に迫ります!