アンチェンジに対抗するには保管方法が重要

カード&ボードゲームはその大部分が紙媒体のプロダクト。時間の経過による劣化はどうしても避けられません。

それでもあなたのゲームコレクションをできるだけベストの状態で保存すれば、その努力に見合った分、末永く遊ぶことができます。本日は双六屋も実践している、ゲームやそのコンポーネントの管理と収納術です。

超便利!100円ショップ収納三銃士

写真のタイトル
上「コンテナBOX、左下「チャック付きビニール」、右下「セクションケース」
ボードゲームプレイヤーにとって、最大の悲劇は、カードやコマ、チットにマーカーなど、コンポーネントをたった1つ紛失しがために、そのゲームを遊べなくしてしまうことです。 


失くした場合は手製の代替品で何とかする場合もありますが、他のコンポーネントととの統一感をなくし、興がそがれてしまうことは否めません。まずは「失くさない」ということが最大の処方箋。


そこで、コンポーネントの保管に絶大な威力を発揮するのが3アイテムがあります! それこそチャック付きビニール、セクションケース、コンテナボックスの100円ショップ収納三銃士です。


しかもお手軽なことにこれらのアイテムは、大抵の100円ショップで簡単に購入できます。


コンポーネントはチャック付きビニールで小分け

チャック付きビニール
100円ショップに売っているものは大抵40~50枚入っているので、使いでがあります
チャック付きビニールは、コンポーネントを収納するのにかなり強力なアイテムです。

サイズは色々なものが売られていますが、ハガキ大よりも小さいものが比較的使い勝手がよいようです。カードからコマ、マーカー、チットまで一切合財これに放り込んでしまいましょう。


色別や種類別にビニールに収納しておくことも有効ですが、ゲームによっては各プレイヤーがプレイ時に使用するセットごどに区分けしておけば、次に遊ぶときは、そのビニールを各人に渡すだけで迅速にゲームが始められます。


大中小の3サイズがワンパックで売られているものもありますので、それを買えば、ほとんどのコンポーネントの収納に対応できてしまいます。


カードゲームはコンテナBOXで規格化

コンテナBOX
その強みはサイズの違うカードゲームを規格化できること!
カードゲームの保管というのも意外と厄介な問題です。

双六屋も以前は引き出しにそのまま突っ込んでいましたが、数が増えると引き出しの中でつっかえてしまったり、どこに何をいれたか忘れてしまいます。そこでオススメなのが長方形のコンテナBOXです。


カードゲームの箱の大きさは、まちまちですが、このケースにどんどん詰め込んでしまいましょう。これによってカードゲームを「コンテナ単位の集合体」としてみることができます。つまりカードゲームの規格化です。


今後、カードゲームがいくら増えてもコンテナBOXを買い足すことでの規格性を保つことができます。

さらにはこのケースに文庫本などの書籍類もピッチリ収納できます。つまりは本とも共通規格を可能にし、我が部屋ではカードゲームと書籍は、本棚に一緒に並んですっきり収まっています。

次ページでも収納術はまだまだ続きます。