ガイドが本当にビックリしたゲームとは

ガイドとして一般の方よりも多くのゲームに接する機会があるわけですが、それでも年に何度かそのコンセプト・アイデアの着眼点に度肝を抜かれるようなゲームに出会うことがあります。そんなゲームの1つがこの「森の影」です。

森の影
特徴があるとも思えないボードにはしかし大きな仕掛けが・・・
一見するとごく普通の双六のように見えますが、それは大きな間違いです。

「森の影」の本領は、夜の訪れを待たなくてはなりません。このゲームは何と暗闇の中、ロウソクを使用して遊ぶゲームなのです! 

幻想の世界に迷い込む愉しみ


森の影
部屋を暗くして炎を灯せばそこは幻想の空間に・・・
ルールもごくシンプル。すばり鬼ごっこです。1人のプレイヤーは鬼となりロウソクを担当します。残りのプレイヤー全員は小人になります。

鬼はサイコロを振って移動します。その炎に照らし出されて、自分の影ができてしまった小人は動きを止められてしまいます。だから小人たちは木の影から影へと上手に逃げなければなりません。

しかし動けなくなってしまっても仲間の小人がその影に入ってタッチすれば再び移動することができます。

光りを避けつつ、ひとつの木の下に小人が全員集まることが出来れば小人チームの勝ち、小人全員を動けなくしてしまえば鬼の勝ちというわけです。

もともと子供用ゲームですので、小さいお子様のいるご家庭でも、問題なく家族全員で遊ぶことができます。(もちろんその場合は事故がないよう火の管理だけは充分お気をつけ下さい) 

部屋の灯りを消し、ロウソクに火をつければ誰もがあっという間にファンタジーの世界に惹きこまれてしまうことでしょう。

こんな素敵な雰囲気を醸し出せるゲームにはちょっとお目にかかれません。ご家族にすすめるのはもちろんですが、夜の帳を待ち、恋人や友人同士で、ワイングラス片手に、幻想の森を彷徨してみてはいかがでしょうか?

森の影

タイトル:森の影
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:約20分



本日の関連・参考サイト


オンラインショップ(リンク集)
バンビーノバンビーナ(オンラインショップ) ガイドはこちらで購入
思わず絶叫のオバケゲーム(ガイド記事)
子供を天才建築家にするゲーム(ガイド記事)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。