購入顛末記

3月1日。この日にはどうしてもほしいソフトがあった。『ガンダム無双』である。PS3は持っていても遊ぶタイトルが少ないと常日頃から感じていた私にとって、『無双シリーズ』の新作が出ると言うだけでも大ニュース。しかも今回は『ガンダム無双』。どんな無茶な世界が繰り広げられるのかと、楽しみで仕方がない。

まずはゲームショップに入る。
PS3の売り場はWiiの売り場の裏である。
すっかり日陰者気分で裏に回りこんで『ガンダム無双』のジャケットを手に取る。
…?
待てよ。
帯には真っ赤な字で『新品:売り切れ中』とある。

ぴ。
PS3のソフトが。
売り切れております!(テンション急上昇)

PS3が発売されて3ヶ月余、初めての体験である。
ぴ、PS3、わりといけてるんじゃないですか?
いつの間にここまでの負け癖がついたのかわからないが、こうなると売り切れを示す空のパッケージにも後光が射して見える。

これで一気にテンションが上がり、近所のほかのゲームショップを訪れた。
なんとここも売り切れ!
脳裏に「2連チャン」と言う言葉が過ぎった。何故かは良くわからない。

そのままのテンションで3軒目までハシゴしてみると、そこには『ガンダム無双』が4本。微妙に残念な気持ちになりつつ、そのパッケージを手にレジに進んだのだった。

『ガンダム』も『無双』もご存知の方は次のページに進むべきだと思う

 
発売中:7,800円:バンダイ
と言うわけで『ガンダム無双』です。
『機動戦士ガンダム』のキャラクターで『無双』をやるから『ガンダム無双』です。なんという堂々としたネーミングでしょう!
そこには開発陣の一点の迷いも感じられません。

『ガンダム無双』は数多くのガンダムゲームを生み出してきたバンダイナムコと、『真・三國無双』『戦国無双』などの『無双』シリーズのコーエーがタッグを組んで作り出したアクションゲームです。
『真・三國無双』はPS2で4作品(と膨大な派生作品)が発売された、三国時代をモチーフに作られたアクションゲーム。『無双モード』と呼ばれるメインモードでは、多彩な登場人物の中から主人公を選び、そのキャラクターのストーリーを追う形でゲームが進みます。

特徴的なのは箱庭的なステージ。刻々と変わる戦況を判断しながらその中を駆け回り、敵武将を倒したり、補給を断ったり、自軍の武将を助けたりするわけです。

さて、ガンダムと言う素材は『無双』には合うのでしょうか?