吉祥寺での目撃情報が多い楳図かずお先生

楳図先生のサインを見せてくれた「オステリア・スーペルバッコ」の支配人、谷川貢司さん
東京の街を散歩していると、芸能人や有名人を目撃することが多い。なかでもよくお見かけするのが、漫画家の楳図かずお先生である。楳図先生といえば、『漂流教室』『まことちゃん』といった漫画でも有名だが、テレビ番組などにもよく登場されていたので、その姿はみなさんもご存知だろう。

これまで楳図先生と遭遇したのは吉祥寺がもっとも多いが、中野や高田馬場あたりでも目撃したことがある。あの赤と白のボーダーのシャツを着て、スタスタと歩く楳図先生も同じく散歩者なのだと思う。実際、散歩コースのようなものがあるみたいで、井の頭公園だとか、吉祥寺の駅ビルのロンロンなどでの目撃情報が多い。とくに最近は新築した家が何かと話題になっていたりする。そこで、楳図先生に会えるかどうか吉祥寺に出かけてみることにした。

いま話題の楳図邸へ行ってみた

吉祥寺の駅からすぐの場所に井の頭公園がある。平日の午前中だが、ここには小さな子供を連れたお母さんや熟年のご夫婦らしき人たちなどがたくさんいた。子供を連れた母親グループがいたので、声をかけてみよう。

「あの、このあたりで楳図かずお先生見ますか?」

と聞けば、全員が目撃したことがあるとの答え。

冬でも雪駄を履いているとか、やはり、あの赤白ボーダー姿を見たなどの情報が得られた。しかも、この井の頭公園での目撃情報が多かった。そんな話をしていると、楳図邸の話が出た。ここから近いというので、場所を教えてもらって出かけてみた。

楳図邸はすぐに見つかった。閑静な住宅街の中にある。裁判沙汰になった赤白のボーダー壁や屋根から突き出たまことちゃんのような円筒形の部分などは、さしておかしいものとは思えなかった。というか、街になじんでいるような気さえした。

楳図先生お気に入りのお店へ

結局、小一時間、吉祥寺の街を歩きまわったが、楳図先生には会えなかった。しかし、事前に吉祥寺に住んでいる知り合いから、楳図先生の行きつけのお店があるというのを聞いていたので、そこに寄ってみることにした。吉祥寺駅の地下にある「オステリア・スーペルバッコ」というイタリアンのお店。ランチタイムに寄って、まずパスタをいただいたが、これが実においしかった。お店の人に

「楳図かずお先生のサインがあると聞いたのですが…」

と言うと、無造作にカウンターに置かれているのを見せてくれた。

「先生は昨日もいらっしゃいましたよ」

とのこと。今回の散歩で楳図先生には会えなかったが、いいものを見せてもらった。

<関連情報>
西武新宿線の野方~都立家政へラーメン散歩
曙橋から九段下まで靖国通りを歩く
天王寺駅から新大阪駅までの12kmを歩く
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。