大勝軒を巡る散歩、新宿をスタート!

1
新宿二丁目にある「十五夜」。何度かきたが、おいしい!
かつて、「閉店を偲び、東池袋大勝軒~早稲田を歩く」という記事を書いたのだが、なんとその東池袋大勝軒が復活しているというのだ。以前のお店は再開発で立ち退いたはずで、新しいお店はその近所にあるとの情報をつかみ、新宿から歩くことにした。

都内に「大勝軒」という店はいくつかあるが、その系図は違うものだったりする。今回は、東池袋大勝軒のホームページに載っているお店を巡ってみようと思う。

まずは新宿にある「十五夜」。看板には「十五夜」は小さく、大きな文字で「大勝軒」とある。訪れたのは午前9時過ぎ。店のオープンは11時だが、すでに店内では仕込みをしている様子。何度かきたことがあるが、やはりおいしい。

明治通りを北上。神田川を渡る

1
高戸橋で神田川を渡る
明治通りに出て、池袋をめざすことにした。

途中の高田馬場にも大勝軒系のお店はいくつかある。その名も「大勝軒」と「七福神」である。ただ、前者の大勝軒は中野本家からの流れであることが、ネットで見てわかった。

「七福神」のほうも山岸大勝軒のホームページにも名前がないので、別の系譜なのかもしれない。

どちらも行ったことがあるが、おいしいお店である。というわけで、ただひたすら明治通りを北上する。

池袋で2軒の店をのぞく

1
こちらもまだオープン前の「南池袋大勝軒」
池袋駅の手前で線路をくぐって西池袋に出る。

西口の公園に沿って歩くと、「めん屋ごとう」がある。時刻はオープンの少し前か、すでに1人のお客さんが店の前で待っている。ここはまだ一度もきたことがない。お腹もすいてきたので、オープンと同時に入りたかったがガマン。

池袋駅方面に向かう。蒙古タンメンの「中本池袋」といった有名ラーメン店を見ながら駅をくぐって、南池袋方面。ここにも1軒「大勝軒」がある。こちらは何度かきた。隣はこれもファンが多い「ラーメン二郎」である。

さて、いよいよ本丸ともいえる山岸大勝軒。急ごう!
次ページでは再オープンした山岸大勝軒!

新宿、池袋、江戸川橋と東池袋大勝軒の流れをくむお店を歩く11.4km。