東中野駅の桜並木

東中野も桜を見ながら歩ける道が多い。東中野駅の西口で降りる。まずは、山手通りのから線路を見たところの桜並木。
東中野の桜
線路脇の土手には桜と菜の花が美しく咲いている。


ずらりと並んだ桜の木を見ていて、ふと気づいたのは、太陽光線で桜の色合いが変わるということだ。
たぶん空の雲が動いて、日の光が差してきたのだろう。桜並木の花がまるでカーテンでも開けるように左から右へ色が濃くなってきた。
感動の瞬間だった。

神田川を高田馬場方面へ歩く

西口から線路沿いに明大中野まで行き、戻ってくる。今度は東口に行ってみよう。
お堀の桜
桜のアーチが続く神田川沿いの道

東中野駅東口から少し歩くと神田川がある。
神田上水公園という川沿いに作られた公園があって、ここの桜も見事である。
ずっと川筋を歩ければいいのだが、途中で道路などさえぎられているのが残念である。
神田川にせり出して咲く桜は実に美しい。
川沿いの道を探しながら行けば、宮田橋公園に出る。
ここがほぼ桜の終点。
高田馬場を越えて、早稲田方面へ神田川を捜せば、ちょうど高戸橋という明治通りと交差する地点から見事な桜になる。
 
 
次ページでは戸山公園の桜を紹介します。