東京アンダーワールドを歩く

1
2000年に発行されたロバート ホワイティング著「東京アンダーワールド」(角川書店)。今は文庫本にもなっている。
以前、吉原の散歩に出かけたいということでご一緒した女性、Kさんからメールがきた。
「東京アンダーワールド」という本の舞台になっている赤坂、六本木を散歩したいとのこと。
あ、この本は読んだことがある。というか、『STUDIO VOICE』誌に長い書評を書いたこともある。
話は終戦直後から始まる。1945年、24歳のニコラ・ザペティが進駐軍のGIとして日本にやってくる。戦後すぐの混乱期、誰もが一攫千金のチャンスがあった。闇市などで大金を儲けたものの事件に巻き込まれて、投獄される。刑務所を出たニコラは、まだ何もなかった六本木に「ニコラス」という名前の、本物のピザが食べられる店をオープンするのだ。これが大当たり。
この店にはいろいろな人間がやってきた。政治家、プロレスラー、娼婦、闇社会の人間などである。そしてなにうより、生き生きと描かれているのが、昭和時代の六本木、赤坂などの町である。たしかにこの本を読むと、赤坂、六本木界隈を散歩したくなる。
というわけで、今回は赤坂から六本木まで歩く。最後はピザを食べる予定だ。

力道山が刺されたナイトクラブ「ニューラテンクォーター」

1
かつてホテルニュージャパンのあった場所に今はプルデンシャルタワーが建っている。
東京メトロの赤坂見附駅から地上にあがったのは夕刻。
まずは、プロレスラー力道山にゆかりのある「ニューラテンクォーター」の跡地である場所へ。今はオフィスビルのプルデンシャルタワーが建っている。
この場所には、料亭「幸楽」があった。昭和11年、二・二六事件のときに反乱軍の一部が占拠した場所だ。その「幸楽」は戦時中、撃墜されたB29がここに墜落し、建物は全焼する。
そして、その後にできたのがホテルニュージャパンである。
1982年(昭和57年)に起きた火災で33人が亡くなっている。その後、ホテルニュージャパンは、営業せずにそのままの建っていた。
その地下にあったのがナイトクラブ「ニューラテンクォーター」である。
ここで、プロレスラーの力道山が刺された。1963年(昭和38年)のことだ。彼はその傷がもとで、数日後に山王病院で亡くなった。実にあっけないヒーローの死だった。

3
今も赤坂には多くのクラブがある。そろそろネオンがつく時間だ。
かつて、「コパカバーナ」という高級クラブがあった。ここでかつてデビ夫人が働いていたそうだ。その後彼女は、インドネシアのスカルノ大統領の夫人となる。
どうやって、この2人が出会ったのかは「東京アンダーワールド」に書かれている。
Kさんはそう言いながら文庫本を取り出して、お友達に渡した。
そろそろ日が暮れかかっている。